VMware vSphere VMへのワークロードのインスタントVMリカバリの実行

このページで

    インスタントリカバリを使用すると、バックアップからさまざまなワークロードをリカバリし、それらをVMwarevSphereVMとして登録できます。復元に使用できるバックアップの一覧は、「サポートされるバックアップの種類」を参照してください

    VMware vSphereへのインスタントリカバリを実行するには、VMwareへのインスタントリカバリウィザードを使用します

    1. 前提条件の確認
    2. Instant Recoveryウィザードの起動
    3. ワークロードの選択
    4. リストアポイントの選択
    5. リストアモードの選択
    6. VMのリストア先の指定
    7. 仮想ディスクアップデートの適用先の指定
    8. ヘルパーアプライアンスの構成
    9. セキュアなリストア設定の指定
    10. リストア理由の指定
    11. インスタントリカバリ設定の検証

    ワークロードをHyper-V VMとして復元する必要がある場合は、Hyper-V VMへのワークロードのインスタントVMリカバリの実行」セクションを参照してください