On-Demand Sandbox for Storage Snapshots

このページで

    On-Demand Sandboxでは、本番ストレージアレイに存在するスナップショットからVMを起動できます。On-Demand Sandboxを使用すると、VMのテスト、問題のトラブルシュート、トレーニングの実行などができます。

    Veeam Backup & Replicationは、次のストレージ・システムにオンデマンド・サンドボックス機能を提供します。

    • Dell EMC VNXe、Unity XT/Unity
    • HPE 3PAR StoreServおよびPrimera(セカンダリボリューム — HPE 3PAR Peer Persistenceを含む)
    • HPE StoreVirtual P4000シリーズとHPE StoreVirtual VSA(Virtual Storage Appliance)
    • IBM Spectrum Virtualize(セカンダリIBMボリューム — IBM Spectrum Virtualize HyperSwapを含む)
    • NetApp(セカンダリアレイ — NetApp SnapMirrorとNetApp SnapVaultを含む)
    • HPE Nimble Storage(セカンダリアレイ — Nimble Snapshot Replicated Copyを含む)
    • Universal Storage API統合システム

    ストレージスナップショットからVMを起動するOn-Demand Sandboxの構成は、通常のOn-Demand Sandboxの構成に類似しています。分離された環境で、VMをストレージスナップショットから起動するには、次のオブジェクトを構成する必要があります。

    • 仮想ラボ。仮想ラボは、本番環境のネットワークスキームを反映している必要があります。新しい仮想ラボを構成することも、既存の仮想ラボを使用することもできます。仮想ラボでは、基本的な単一ホスト、高度な単一ホスト、高度な複数ホストのいずれの種類の構成もサポートされます。詳細については、「仮想ラボ」を参照してください。
    • アプリケーショングループ。アプリケーショングループは、On-Demand Sandboxで起動する1つまたは複数のVMを含んでいる必要があります。VMは、ストレージシステム上のボリュームまたはLUNから選択できます。SureBackupジョブでは、Veeam Backup & Replicationは、このボリュームまたはLUNの最新のスナップショットを検出し、このスナップショットからVMを起動します。詳細については、「アプリケーショングループ」を参照してください。
    • SureBackupジョブ。VMを含むアプリケーショングループと仮想ラボを、SureBackupジョブにリンクする必要があります。詳細については、「SureBackupジョブ」を参照してください。

    On-Demand Sandbox for Storage Snapshotsのしくみ

    On-Demand SandboxのストレージスナップショットからVMを起動するには、Veeam Backup & Replicationは、このストレージスナップショットをESXiホストにデータストアとして示す必要があります。そのために、Veeam Backup & Replicationは、次のアクションを実行します。

    1. Veeam Backup & Replicationは、ディスクがストレージ・システム上にあるVMの最新のストレージ・スナップショットを検出します。
    2. Veeam Backup & Replicationは、ストレージ・システムがストレージ・スナップショットのコピーを作成するのをトリガーします。スナップショットコピーは、ストレージスナップショットを変更から保護する助けになります。

    スナップショット・コピーを作成するために、Veeam Backup & Replicationは、ストレージ・スナップショットからVeeam Explorerの場合と同じテクノロジーを使用します。テクノロジーの選択肢は、ストレージシステムにインストールされているライセンスにより異なります。詳細については、ストレージスナップショットからのデータ復元

    1. スナップショットコピーは、仮想ラボが登録されているESXiホストに、新しいデータストアとして提示されます。
    2. Veeam Backup & Replicationは、オンデマンド・サンドボックスで必要な通常の操作(VMXファイルの再構成、VMの起動、それに対する必要なテストの実行など)を実行します。
    3. VMで作業を完了し、On-Demand Sandboxの電源を落としたら、Veeam Backup & Replicationクリーンアップ操作を実行します。つまり、仮想ラボのVMおよびプロキシアプライアンスの電源を切断し、ESXiホストからデータストアをアンマウントして、ストレージシステムによるスナップショットコピーの削除をトリガーします。

    ストレージスナップショット用のオンデマンドサンドボックス 

    マウントされているNFSデータストアの数

    異なるストレージスナップショットに存在する複数のVMをアプリケーショングループに追加できます。この場合、Veeam Backup & Replicationは複数のスナップショットコピー(ストレージスナップショットごとに1つ)を実行し、同じ数のデータストアをESXiホストに提示します。

    ESXiホストにマウントできるNFSデータストアの数は、VMware vSphereによって制限されます。スナップショットコピーが多数の場合、Veeam Backup & Replicationがそのすべてをデータストアとして、ESXiホストに示せない場合があります。この場合、アプリケーショングループのVMは起動されず、SureBackupジョブは失敗します。制限の詳細については、このVMware KB記事を参照してください。

    この状況を解決するために、Veeam Backup & Replicationは、スナップショット・コピーの再マウント機構を提供します。

    1. データストアをマウントするのに十分なリソースがないことをVeeam Backup & Replicationが検出すると、警告が表示され、ESXiホスト上のリソースを解放するように提案されます。
    2. 次の20分の間、Veeam Backup & Replicationは2分間隔でデータストアをマウントしようとします。
    3. リソースが解放され、Veeam Backup & Replicationがデータストアをマウントできた場合、アプリケーション・グループのVMが起動され、SureBackupジョブは、引き続き実行され続けます。ESXiホストのリソースが20分以内に解放されなかった場合、SureBackupジョブは失敗します。

    On-Demand Sandbox for Storage Snapshotsの制限事項

    On-Demand Sandbox for Storage Snapshotsの使用を開始する前に、Veeam Explorer for Storage Snapshotsの制限事項を確認してください。詳細については、一般的な制限事項