フェイルオーバーの実行

このページで

    災害によりVMが利用不能または障害が発生した場合、VMレプリカにフェイルオーバーし、本番環境のサービスをすばやくリストアすることができます。フェイルオーバーを実行すると、VMレプリカが元のVMのロールを代行します。これによって、数分のうちにVMが稼働し、最小限の中断でユーザーは必要なサービスやアプリケーションにアクセスできるようになります。

    フェイルオーバーを実行する前に、前提条件を確認してください。その後、VMwareフェイルオーバーウィザードを使用してVMレプリカをフェイルオーバーします。

    1. Failoverウィザードの起動
    2. VMおよびリストアポイントの選択
    3. フェイルオーバーの理由の指定
    4. 概要の確認とウィザードの終了