Quick Migration

このページで

    Quick Migrationを使用すると、ESXiホストおよびデータストア間でVMや仮想ディスクを移行できます。Veeam Backup & Replicationでは、どのような状態のVMまたはVMディスクでも、業務に対する影響を最小限に抑えて移行することができます。Quick Migrationは、自己完結型の機能として使用することも、インスタントVMリカバリプロセスやインスタントVMディスクリカバリプロセスの完了ステップとして使用することもできます。

    Quick Migrationを実行すると、Veeam Backup & Replicationは、仮想環境、その設定、VMの状態を分析し、最適なVM再配置方法を選択します。

    • vMotion Storage vMotion

    vMotionとStorage vMotionは、VMware vCenterにネイティブで実装された移行メカニズムです。Veeam Backup & Replicationでは、可能な場合は常にこれらの方法を使用します。

    • Veeam Quick Migration

    Veeam Quick Migrationは、Veeam Backup & Replication独自の技術です。Veeam Backup & Replicationでは、VMware vCenterの方法が使用できない場合に、この方法を使用します。たとえば、VMware vSphereライセンスでvMotionやStorage vMotionがサポートされない場合や、スタンドアロンのESXiホストから別のホストにVMを移行する必要がある場合です。

    Veeam Quick Migrationでは、次の2つのモードのVM移行をサポートしています。

    • SmartSwitch

    SmartSwitchの場合、Veeam Backup & ReplicationはVMを一時停止してから、VMの設定ファイルを移動し、スナップショットの作成後にVMディスクに加えられた変更をターゲットホストにコピーします。移行が完了すると、VMはターゲットホストで再開されます。

    • ColdMigration

    ColdMigrationの場合、Veeam Backup & ReplicationはVMを停止してから、スナップショット作成後にVMディスクに加えられた変更を新しいホストにコピーします。その後、VMはターゲットホストで起動されます。

    Veeam Quick Migrationを使用したVMの移行

    Veeam Quick Migrationを使用したVMの移行方法には、次のステップが含まれます。

    1. Veeam Backup & ReplicationによりVM設定ファイル(.VMX)がターゲットホストにコピーされ、VMが登録されます。
    2. Veeam Backup & ReplicationによりVMスナップショットが作成され、VMディスクの内容が新しいコピー先にコピーされます。
    3. Veeam Backup & Replicationは、互換性のあるCPUを備えたホスト間でVMを移行する場合と、互換性のないCPUを備えたホスト間でVMを移行する場合とで、異なるモードを使用します。

    Veeam Quick Migrationを使用した仮想ディスクの移行

    Veeam Quick Migrationを使用したVMディスクの移行方法には、次のステップが含まれます。

    1. ターゲットデータストアにテンポラリVMが作成されます。
    2. Veeam Backup & Replicationは、元のデータストアからターゲットデータストアのテンポラリVMにディスクをコピーします。
    3. 元のVMの電源がオンの場合、Veeam Backup & ReplicationはVMを一時停止します。
    4. ステップ3で実行されたコピープロセス中に、元のディスクに変更が加えられた場合、Veeam Backup & Replicationは、これらの変更をテンポラリVMのディスクにコピーします。
    5. Veeam Backup & Replicationは、元のVMで、ディスクの古いパスをテンポラリVMのディスクのパスに置き換えます。
    6. 移行中に元のVMが一時停止された場合、Veeam Backup & ReplicationによってVMの電源がオンになります。

    重要

    移行する前に、Instant Disk Recoveryを使用してディスクをリカバーする必要があることに注意してください

    Veeam Quick Migrationを使用したファーストクラスディスク(FCD)の移行

    ファーストクラスディスク(FCD)の移行はvMotionの方法のみをサポートしており、次の手順で行われます。

    1. Veeam Backup & Replicationがターゲットデータストアに関する情報を取得します。
    2. Veeam Backup & Replicationが、ターゲットデータストアがマウントされているクラスターのESXiホストの1つに接続します。
    3. Veeam Backup & ReplicationがFCDをソースデータストアからターゲットデータストアに移行します。
    4. REDOログがカスタムデータストアに保存されている場合、Veeam Backup & Replicationは移行後にFCDスナップショットを削除します。
    5. Veeam Backup & ReplicationはストレージポリシーをFCDに割り当てます。

    関連トピック