Microsoft Azureストレージアカウント

このページで

    Microsoft Azure Blobストレージへの接続に使用するアカウントのログイン情報レコードを作成できます。

    次のタイプのストレージアカウントがサポートされています。

    ストレージアカウントのタイプ

    サポート対象のサービス

    サポートされるパフォーマンス層

    サポートされるアクセス層

    汎用V2

    Blob(ブロックBlobのみ)

    Standard

     

    クール:アクセス頻度が低いデータ用。

    ホット:アクセス頻度が高いデータ用。

    アーカイブ:めったにアクセスしないデータ用。Blobレベルでのみ設定できます。アーカイブ層オブジェクトストレージシステムでサポートされています。

    Veeam Backup & Replicationは、デフォルトとして選択されたアクセス層を使用します。

    BlobStorage

    汎用V1

    Blob(ブロックBlobのみ)

    Standard

    なし

    BlockBlobStorage

    Blob(ブロックBlobのみ)

    Premium

    なし

    Azureのストレージアカウントのタイプの詳細については、Microsoft Docsを参照してください。

    Microsoft Azureストレージアカウントのレコードを作成するには、次の手順を実行します。

    1. メインメニューで、[Manage Cloud Credentials]を選択します。
    2. [Add] > [Microsoft Azure storage account]をクリックします。
    3. [Account]フィールドに、ストレージアカウント名を入力します。
    4. [Shared key]フィールドに、ストレージアカウントの共有キーを入力します。入力したキーを表示するには、フィールドの右にある目のアイコンをクリックしたままにします。
    5. [Description]フィールドに、必要に応じて、ログイン情報レコードの説明を入力します。

    Microsoft Azureストレージアカウント ヒント:

    Microsoft Azureストレージアカウントを持っていない場合は、Azureポータルで作成できます。詳細については、Azure Storageのドキュメントを参照してください。

    Microsoft Azureストレージアカウント 

    関連トピック

    オブジェクトストレージリポジトリ