インスタントVMディスクリカバリ

このページで

    ディスクのインスタントリカバリでは、VMディスクを即時にバックアップファイルからリストアし、初期フォーマットで公開できます。ディスクをファーストクラスディスク(FCD)として登録する場合は、インスタントファーストクラスディスク(FCD)の復元を参照してください。すべてのディスクリカバリ方法のリストとその簡単な説明については、ディスクの復元を参照してください

    以下を実行する必要がある場合、ディスクのインスタントリカバリを使用します。

    • VM全体ではなく、VMディスクを復元します。それ以外の場合は、VMware vSphereへのインスタントリカバリを使用します
    • VMディスクを復元し、ターゲットVM(復元したディスクの接続先)の電源をオンのままにします。VMの電源をオフにできる場合は、仮想ディスクのリストアを使用してください。

    ディスクのインスタントリカバリは、完了させる必要があるプロセスです。最初に、復元されたディスクをテストし、それらを本番環境に移行するか、ディスクの公開を停止するかを判断します。ディスクを移行する場合、Veeam Backup & ReplicationではQuick Migrationメカニズムが使用されます。ディスクのインスタントリカバリをファイナライズする方法の詳細については、ディスクのインスタントリカバリのファイナライズを参照してください

    ディスクのインスタントリカバリのしくみ

    Veeam Backup & Replicationは、 vPowerテクノロジを使用してディスクのインスタントリカバリを実行しますVeeam Backup & Replicationは、ディスクを復元するために次の手順を実行します。

    1. vPower NFSデータストアがESXiホストにマウントされ、かつ復元するディスクのVMDKファイルを含んでいるかどうかがチェックされます。
    2. [既存のディスクを置き換える場合] 既存のディスクをマウント解除して削除します。
    3. 復元するディスクがターゲットVMに接続されます。
    4. ターゲットVMの保護スナップショットの作成が開始されます。ディスクのインスタントリカバリプロセスが失敗しても、保護スナップショットにより、データ消失が発生しないことが保証されます。
    5. 復元するディスクに加えられた変更が、vPower NFSサーバーのREDOログに書き込まれます。

     

    関連トピック

    インスタントファーストクラスディスク(FCD)リカバリの実行