静的IPのマッピング

このページで

    多くの顧客にリストアされたVMへのアクセスを提供する必要がある場合があります。これは特に、ユーザー向けのアプリケーションアイテムレベルの復元を行う場合に当てはまります。たとえば、Webベースのアクセス(Outlook Web Accessなど)経由で、仮想ラボで起動されるMicrosoft Exchange Serverへのアクセスをユーザーに提供する必要があるとします。技術的には、顧客のマシンごとにルーティングテーブルを更新できますが、これには多大な管理作業が必要になります。

    このような場合、Veeam Backup & Replicationでは、本番環境から仮想ラボ内のVMに直接アクセスできます。仮想ラボ内のVMにアクセスするには、本番IPアドレスのプールで静的IPアドレスを予約し、このIPアドレスを仮想ラボ内のVMのIPアドレスにマップする必要があります。

    静的IPアドレスは、本番ネットワークに接続しているプロキシアプライアンスのネットワークアダプターに割り当てられます。指定した静的IPアドレスに向けられたIPトラフィックは、プロキシアプライアンスによって分離されたネットワーク内のVMにルーティングされます。

    静的IPのマッピング 

    たとえば、分離されたネットワークにあるVMのIPアドレスが192.168.1.20の場合は、IPアドレス192.168.1.99(本番ネットワークで使用されていないIPアドレス)を予約できます。これにより、IPアドレス192.168.1.99を使用して、本番環境から仮想ラボ内のVMにアクセスできるようになります。

    また、本番DNSサーバーに予約されたIPアドレスのエイリアス記録を登録することもできます。たとえば、IPアドレス192.168.1.99のエイリアスとしてbackup.exchange.localを登録すると、ユーザーはこのエイリアスを使用してMicrosoft Exchange Serverにアクセスできるようになります。