キャパシティ層

このページで

    キャパシティ層は、スケールアウトバックアップリポジトリにアタッチできる追加のストレージ層です。スケールアウトバックアップリポジトリのパフォーマンスエクステントから該当データを長期保存用のキャパシティ層に転送できます。

    この機能は、次の場合に最も役立ちます。

    • ストレージ領域が不足している。
    • 組織のポリシーでは、一定量のデータしかエクステントに保存できず、古いデータを別の場所に保存する必要がある。
    • 災害が発生してもデータの安全を確保できるよう、複数のサイトにデータを保存しようとしている。

    キャパシティ層では、次のことが可能です。

    キャパシティ層は単一のキャパシティエクステントから成ります。キャパシティエクステントは、クラウドベースのオブジェクトストレージリポジトリかオンプレミスのオブジェクトストレージリポジトリのどちらかとなります。次に例を示します。

    • S3互換のオブジェクトストレージリポジトリ
    • Amazon S3
    • Microsoft Azure Blob Storage
    • Microsoft Azure Data Box
    • IBM Cloud Object Storage
    • Google Cloudオブジェクトストレージ

    オブジェクトストレージリポジトリをキャパシティエクステントとして構成するには、先にそれをVeeam Backup & Replicationに追加する必要があります。詳細については、「オブジェクトストレージリポジトリの追加」を参照してください。

    キャパシティエクステントは、スケールアウトバックアップリポジトリウィザードの[Add Capacity Tier]ステップで表示されます。

    キャパシティ層の構成とキャパシティ層のデータの同期の詳細については、「キャパシティ層の追加」を参照してください。

    バックアップデータをオフロードおよびダウンロードするときに発生する追加コストを避けるため、キャパシティ層の使用を開始する前に、クラウドストレージプロバイダーの価格プランを必ず確認してください。

    このセクションの内容