CDPのフェイルオーバーとフェイルバック

このページで

    フェイルオーバー操作とフェイルバック操作は、災害で本番サイトに問題が発生した場合でもビジネスを運営できるようにするために役立ちます。フェイルオーバーは、ソースホスト上の元のVMから災害復旧サイトのホスト上のそのVMレプリカに切り替えるプロセスです。フェイルバックは、VMレプリカから元のVMに戻すプロセスです。

    Veeam Backup & Replicationでは、以下のフェイルオーバー操作とフェイルバック操作が用意されています。

    • フェイルオーバーの実行

    フェイルオーバーを実行するときは、すべてのプロセスを本番サイト内の元のVMから災害復旧サイト内のVMレプリカにシフトします。フェイルオーバーは、最終的な処理(フェイルオーバーの取り消し、永続フェイルオーバーの実行、またはフェイルバックの実行)が必要となる中間のステップです。

    フェイルオーバーがどのように実行されるかの詳細については、「フェイルオーバー」を参照してください。

    • フェイルオーバープランの作成

    フェイルオーバープランを作成するときは、Veeam Backup & ReplicationでVMのフェイルオーバーを実行する順序、およびリスト内の次のVMのフェイルオーバー操作を開始するまでのVeeam Backup & Replicationの待機時間の間隔を定義します。

    フェイルオーバープランの詳細については、「フェイルオーバープラン」を参照してください。

    • 永続フェイルオーバーの実行

    永続フェイルオーバーを実行するときは、元のVMからVMレプリカに永続的に切り替え、このレプリカを元のVMとして使用します。このシナリオは、元のVMとVMレプリカが同じサイトに存在し、リソースという点でほぼ同一である場合に使用できます。それ以外の場合は、フェイルバックを実行します。

    永続フェイルオーバーがどのように実行されるかの詳細については、「永続フェイルオーバー」を参照してください。

    • フェイルオーバーの取り消し

    フェイルオーバーを取り消すときは、元のVMに切り替え、VMレプリカの実行中にVMレプリカに対して行われた変更をすべて破棄します。フェイルオーバーの取り消しのシナリオは、テストおよびトラブルシューティングの目的でVMレプリカにフェイルオーバーしており、元のVMの状態をレプリカの現在の状態と同期させる必要がない場合に使用できます。

    フェイルオーバーの取り消しがどのように実行されるかの詳細については、「フェイルオーバーの取り消し」を参照してください。

    • フェイルバックの実行

    フェイルバックを実行するときは、元のVMに切り替え、VMレプリカの実行中に行われた変更をすべて元のVMに送信します。ソースホストを使用できない場合は、元のVMと同じ設定でVMをリカバーし、それに切り替えることができます。フェイルバックがどのように実行されるかの詳細については、「フェイルバック」を参照してください。

    フェイルバックの実行時は、変更内容は元のVMまたはリカバーされたVMに送信されるのみであり、パブリッシュはされません。 これらの変更内容が適用された状態で元のVMまたはリカバーされたVMが動作するかどうかをテストする必要があります。そのテストの結果に応じて、以下のことを実行できます。

    • フェイルバックのコミット:フェイルバックをコミットするのは、元のVMまたはリカバーされたVMが想定通りに動作しており、それに戻したい場合です。

    フェイルバックのコミットがどのように実行されるかの詳細については、「フェイルバックのコミット」を参照してください。

    • フェイルバックの取り消し:フェイルバックを取り消すのは、元のVMまたはリカバーされたVMが想定通りに動作しておらず、VMレプリカに戻したい場合です。

    フェイルバックの取り消しがどのように実行されるかの詳細については、「フェイルバックの取り消し」を参照してください。

    Veeam Backup & Replicationでは、単体のVMでも複数のVMでも、フェールオーバー操作とフェールバック操作をサポートします。複数のホストに障害が発生した場合は、バッチ処理を使うと、最小限のダウンタイムで操作をリストアできます。

    以下のスキームは、レプリカにフェイルオーバーするときにどのステップが適切かを判断するために役立ちます。

    フェイルオーバーとフェイルバック — 使用する場合

    関連トピック