Hyper-V VMへのワークロードのインスタントVMリカバリの実行

このページで

    インスタントリカバリを使用すると、バックアップからさまざまなワークロードをリカバリして、MicrosoftHyper-VVMとして登録できます。リカバリに使用できるバックアップのリストについては、サポートされているバックアップの種類を参照してください

     

    インスタントリカバリを実行するには、インスタントリカバリウィザードを使用します。

    1. 前提条件の確認
    2. Instant Recoveryウィザードの起動
    3. ワークロードの選択
    4. リストアポイントの選択
    5. 復元モードの選択
    6. ターゲットホストの選択
    7. ターゲットデータストアの選択
    8. ネットワークマッピングの指定
    9. VMの名前とUUIDの変更
    10. ヘルパーアプライアンスの構成
    11. セキュアなリストア設定の指定
    12. リストア理由の指定
    13. インスタントリカバリ設定の検証

    ワークロードをVMwarevSphereVMとしてリカバリする場合は、「VMwarevSphereへのインスタントリカバリの実行」を参照してください