交換ドライブ付きのリポジトリのしくみ

このページで

    Microsoft WindowsサーバーまたはLinuxサーバーまたはSMB(CIFS)共有を、ローテーションされたドライブのバックアップリポジトリとして使用できます。

    Microsoft Windowsバックアップリポジトリ

    Veeam Backup & Replicationは、ローテーションされたドライブを使用して、さまざまな方法でバックアップリポジトリを対象としたバックアップジョブとバックアップコピージョブを実行します。

    重要

    交換ドライブ付きのバックアップリポジトリで対象になっているバックアップジョブの保持設定を指定する場合、セット内のすべてのドライブに保持するリストアポイントの総数を指定する必要があります。たとえば、保持を14に設定した場合、ジョブはすべてのドライブにわたり、総計14のリストアポイントを保持します。

    ドライブを変更する前に、セット内のすべてのドライブのバックアップチェーンの保持設定を確認することをお勧めします。それ以外の場合、 Veeam Backup & Replicationは、次の場合に使用する予定のドライブ上のすべての復元ポイントを削除します。

    • すべての復元ポイントが古くなっています。
    • 復元ポイントの数は、保持値と同じです。

    ローテーションされたドライブからバックアップチェーンを削除するリスクを排除するには、保持値を増やしたことを確認してください。ドライブを使用する前に、バックアップコピージョブを無効にすることもできます。

    バックアップジョブ

    バックアップジョブは次の方法で実行されます。

    1. Veeam Backup & Replicationは、現在接続されているドライブ上に、通常のバックアップチェーンを作成します。
    2. 新しいジョブ・セッションが開始されると、Veeam Backup & Replicationは、現在接続されているドライブ上のバックアップ・チェーンの整合性をチェックします。整合性がとれているバックアップチェーンは、ジョブにより作成されたフルバックアップと、すべての増分バックアップを含んでいる必要があります。この要件は、すべての種類のバックアップチェーン(永久増分、増分、逆増分)に適用されます。

    外部ドライブがスワップされ、フル・バックアップまたはいずれかの増分バックアップが、現在接続されているドライブからなくなっている場合、Veeam Backup & Replicationは、新たにバックアップ・チェーンを開始します。ドライブ上に新しいフルバックアップファイルが作成され、このフルバックアップが、それ以降の増分バックアップの出発点として使用されます。

    1. [Microsoft Windows Serverに接続されている外部ドライブの場合] Veeam Backup & Replicationはジョブの保持ポリシーセットをチェックします。バックアップ・チェーン内の一部のバックアップ・ファイルが古くなっている場合、Veeam Backup & Replicationは、それをバックアップ・チェーンから削除します。
    2. ドライブを再びスワップすると、Veeam Backup & Replicationは、バックアップ・チェーンの整合性をチェックし、新しいフル・バックアップを作成します。

    交換ドライブ付きのリポジトリのしくみ 

    バックアップコピージョブ

    以下のようにバックアップコピーを実行します。

    1. Veeam Backup & Replicationは、現在接続されているドライブ上に、通常のバックアップチェーンを作成します。
    2. ドライブをスワップし、接続したドライブが空の場合、Veeam Backup & Replicationは、そこにフル・バックアップを作成します。ドライブ上にバックアップ・チェーンがあった場合、Veeam Backup & Replicationは、新しい増分バックアップを作成し、バックアップ・チェーンにそれを追加します。バックアップチェーンに存在する最新の増分バックアップが、新しい増分バックアップの出発点として使用されます。
    1. [Microsoft Windows Serverに接続されている外部ドライブの場合] Veeam Backup & Replicationはジョブの保持ポリシーセットをチェックします。バックアップ・チェーン内の一部のバックアップ・ファイルが古くなっている場合、Veeam Backup & Replicationは、それをバックアップ・チェーンから削除します。

    ドライブの検出

    外部ドライブのドライブ文字は、新しいボリュームやCD-ROMなどのストレージハードウェアをサーバーに追加した場合、変更されることがあります。Microsoft Windowsバックアップリポジトリでは、ドライブ文字が変更されていても、Veeam Backup & Replicationはドライブを追跡して検出できます。

    正しくドライブを検出するために、Veeam Backup & Replicationは、それに関するレコードを設定情報データベースに持っています。以下の要件を検討してください。

    ドライブがなにか他の文字を持っている場合、Veeam Backup & Replicationは、それを検出して使用できません。

    • 既に使用されており、いくつかのリストアポイントを持っているドライブを挿入した場合、そのドライブは構成データベースに既に登録されています。ドライブ文字が変更されていても、Veeam Backup & Replicationはドライブを検出して使用できます。

    Linuxと共有フォルダバックアップリポジトリ

    交換ドライブ付きのバックアップリポジトリとして、Linuxサーバーまたは共有フォルダを使用する場合、Veeam Backup & Replicationは交換ドライブを伴う省略型動作メカニズムを使用します。Veeam Backup & Replicationは最新バックアップチェーンのみに関する情報を構成データベースに保持します。以前のバックアップチェーンに関する情報は、データベースから削除されます。このため、ジョブに対して設定された保持ポリシーが期待通りに機能しない場合があります。

    交換ドライブ付きのバックアップリポジトリで対象になっているジョブは、次のようにして実行されます。

    1. ジョブの最初の実行時に、Veeam Backup & Replicationは、バックアップ・リポジトリ・サーバーに接続されたドライブ上に、通常のフル・バックアップを作成します。
    2. 次のジョブ・セッションで、Veeam Backup & Replicationは、接続されているドライブ上の現在のバックアップ・チェーンの整合性をチェックします。整合性がとれているバックアップチェーンは、フルバックアップと、それに続くすべての増分バックアップを含んでいる必要があります。この要件は、すべての種類のバックアップチェーン(永久増分、増分、逆増分)に適用されます。

    Veeam Backup & Replicationが、ドライブ上に新しいバックアップ・チェーンを開始するとすぐ、以前のバックアップ・チェーンのリストア・ポイントに関する情報が、構成情報データベースから削除されます。これらの以前のリストアポイントに対応するバックアップファイルは削除されず、ディスク上に残ります。これは、Veeam Backup & Replicationが、以前のバックアップ・チェーンではなく、現在のバックアップ・チェーンにのみ保持ポリシーを適用するためです。

    交換ドライブ付きのリポジトリのしくみ