ステップ5:リソースプールの選択

このページで

    [Resource Pool]ステップは、[Destination]ステップで[Failback to the specified location]オプションを選択した場合に利用できます。

    ウィザードの[Resource Pool]ステップで、リカバーされたVMを追加するリソースプールを選択します。これを行うには、同じリソースプールに追加するVMを選択し、[Pool]をクリックして、[Select Resource Pool]ウィンドウで目的のリソースプールを選択します。

    別の方法としては、リストアされたVMを含めるvAPPを選択することもできます。目的のvAPPを見つけるには、[Select Resource Pool]ウィンドウの左下隅で、リソースプールアイコン(ステップ5:リソースプールの選択)をクリックし、[VirtualApp]を選択します。

    ステップ5:リソースプールの選択