ステップ5:不足ソフトウェアのインストール

このページで

    ウィザードの[System Configuration Check]のステップでは、セットアップウィザードによって、必須のソフトウェアがすべてマシンにインストールされているかどうかがチェックされます。必須のソフトウェアコンポーネントが不足している場合は、セットアップウィザードによってインストールするように提案されます。

    不足しているコンポーネントは自動または手動でインストールできます。

    • 不足しているコンポーネントを自動でインストールするには、[Install]をクリックします。セットアップウィザードでインストールプロセスが中断されずに、不足しているコンポーネントが現在の作業セッション中にインストールされます。
    • 不足しているコンポーネントを手動でインストールするには、次の手順を実行します。
    1. [Cancel]をクリックしてセットアップウィザードを終了します。
    2. 必須のコンポーネントを手動でマシンにインストールして有効にします。
    3. セットアップウィザードを再度開始して、ウィザードの[System Configuration Check]のステップに移動し、[Re-run]をクリックして検証を繰り返します。

    必要なすべてのコンポーネントが既にマシンにインストールされている場合、[System Configuration Check]のステップは省略されます。

     

    ステップ5:不足ソフトウェアのインストール