GFS保持のしくみ

このページで

    このセクションでは、バックアップコピーのGFS保持がどのように機能するかを実際の例で示します。そのワークフローをより理解するために、GFSサイクルおよびGFSバックアップチェーンについての説明を読むことをお勧めしますをターゲットにしたボリュームレベルバックアップジョブを構成した場合のみです。

    以下の設定でBackup copyジョブを作成してあるとします。

    • Backup copyジョブは日曜日に開始されます。バックアップコピー間隔は1日で、午前12時00分に開始します。
    • 短期保持ポリシーが、5つのリストアポイントに設定されています。
    • GFSスケジュール設定は、次のように構成されています。
      • 週次フルバックアップは1週間保持します。週次フルバックアップは木曜日に作成します。
      • 月次フルバックアップは3か月間保持します。月次バックアップは第1週に作成します。
      • 年次フルバックアップは1年間保持します。月次バックアップは1月(今月)に作成します。

    GFS保持のしくみ 

    Veeam Backup & Replicationではバックアップ・コピー・ジョブを次のように実行します。

    1. たとえば、現在1月の最終週だとします。従って、初回実行時に、Veeam Backup & Replicationによって1つのフルバックアップが作成され、このバックアップファイルに年単位GFSフラグが割り当てられます。

    その後、月曜日から水曜日に、Veeam Backup & Replicationによって増分バックアップが作成されます。

    GFS保持のしくみ 

    1. GFSスケジュールに従って、週次フルバックアップが木曜日に作成される必要があります。そのため、Veeam Backup & Replicationによって週次フルバックアップが木曜日に作成されます。

    GFSフルバックアップは、以前のバックアップファイルから合成することや、ソースリポジトリからコピーすることができます。詳細については、「バックアップコピーのGFSでの方法」を参照してください。

    GFS保持のしくみ 

    1. 金曜日から月曜日に、Veeam Backup & Replicationによって新しいバックアップチェーンに増分バックアップが追加されます。月曜日に、Veeam Backup & Replicationによって以前のバックアップチェーンの増分が削除されます。これは、最新のバックアップチェーンに5つのリストアポイントが含まれており、それらが短期保持ポリシーで設定されているためです。

    GFS保持のしくみ 

    1. 火曜日は、2月1日であり、新しい月の初日です。つまり、Veeam Backup & Replicationで月次フルバックアップが作成される必要があります。

    GFS保持のしくみ 

    1. 水曜日に、Veeam Backup & Replicationによって新しいバックアップチェーンに増分バックアップが追加されます。

    その後、木曜日に、Veeam Backup & Replicationによって週次フルバックアップが作成されます。

    GFS保持のしくみ 

    1. 金曜日から月曜日に、Veeam Backup & Replicationによって新しいバックアップチェーンに増分バックアップが追加されます。

    その後、月曜日に、Veeam Backup & Replicationによって以前のバックアップチェーンの増分が削除されます。これは、最新のバックアップチェーンに5つのリストアポイントが含まれているためです。

    GFSスケジュール設定で、週次フルバックアップを1週間保存する必要があると設定してあります。そのため、Veeam Backup & Replicationによって以前の週次フルバックアップが削除されます。

    GFS保持のしくみ 

    関連トピック