仮想ラボの編集と削除

このページで

    仮想ラボの設定を編集したり仮想ラボを削除したりできます。

    仮想ラボの変更や削除を実行するには、常にVeeam Backup & Replicationを使用します。たとえば、vSphereクライアントなどの外部から仮想ラボ設定を編集したりコンポーネントを削除したりすると、ラボが破損し、作成されたvSwitchやリソースプールなどのコンポーネントが仮想インフラストラクチャに残ります。

    仮想ラボの編集

    仮想ラボの設定を編集するには次の手順を実行します。

    1. [Backup Infrastructure]ビューを開きます。
    2. インベントリペインで、[SureBackup]の下で[Virtual Labs]を選択します。
    3. 作業領域で、仮想ラボを選択して、リボンの[Edit Virtual Lab]をクリックするか、仮想ラボを右クリックして[Properties]を選択します。
    4. 必要に応じて、仮想ラボの設定を編集します。

    仮想ラボの削除

    仮想ラボを削除するには次の手順を実行します。

    1. [Backup Infrastructure]ビューを開きます。
    2. インベントリペインで、[SureBackup]の下で[Virtual Labs]を選択します。
    3. 作業領域で、仮想ラボを選択してリボンの[Remove Virtual Lab]をクリックするか、仮想ラボを右クリックして[Delete]を選択します。
    4. 仮想インフラストラクチャから仮想ラボオブジェクトを削除するには、表示されたウィンドウで[Remove virtual lab objects from host]チェックボックスを選択します。このオプションが有効になっていない場合は、Veeam Backup & Replicationがバックアップサーバーから仮想ラボの接続を解除します。この仮想ラボには後で接続できます。

    仮想ラボの編集と削除