保持ポリシー

このページで

    保持ポリシーにより、Veeam Backup & ReplicationがVMレプリカのリストアポイントを保存する必要がある期間を定義します。Veeam Backup & Replicationには、2つの保持ポリシースキームが用意されています。

    短期の保持

    Veeam Backup & Replicationは、CDPポリシー設定に指定されている時間数にわたって短期リストアポイントを保持します。保持期間を超えると、Veeam Backup & Replicationは、レプリケーションチェーンを次の方法で変換します。この例は、仮想ディスクを1つ持つVMレプリカに対して短期の保持がどのように機能するかを示しています。

    1. Veeam Backup & Replicationは、古くなった短期リストアポイントがレプリケーションチェーンに含まれるかどうかを確認します。
    2. 古いリストアポイントが存在する場合、Veeam Backup & Replicationは、トランザクションログファイルから最も近いテクニカルポイント(TP)に短期リストアポイントポイントのデータをコミットしますテクニカルポイント、短期リストアポイント、長期リストアポイント、およびそれらが作成されるタイミングの詳細については、 CDPレプリケーションチェーンを参照してください

    保持ポリシー 

    1. トランザクションログファイルにそれ以外の短期リストアポイントが含まれない場合、Veeam Backup & Replicationは、トランザクションログファイルを冗長であるとして削除します。このデータは、テクニカルデルタディスクファイルに既にコミットされています。

    保持ポリシー 

    1. テクニカルポイントが関連するトランザクションログファイルなしで残った後、Veeam Backup & Replicationはこのテクニカルポイントを古くなったと見なし、新しいテクニカルポイントまたは長期リストアポイントのデータを古くなったテクニカルポイントにコミットします。次の点にご注意ください。
    • 新しいテクニカルリストアポイントには、関連するトランザクションログがあってはなりません。
    • 長期リストアポイントのデータはテクニカルポイントにコミットできますが、その逆はできません。長期リストアポイントは、長期保持によって保持されるまで変更されません。

    保持ポリシー 

    Veeam Backup & Replicationは、短期保持ポリシーで指定されている期間より長く短期リストアポイントを保存できます。この期間は最大25%長くなります。

    長期の保持

    Veeam Backup & Replicationは、CDPポリシー設定に指定されている日数にわたって長期リストアポイントを保持します。保持期間を超えると、Veeam Backup & Replicationは、レプリケーションチェーンを次の方法で変換します。この例は、仮想ディスクを1つ持つVMレプリカに対して長期の保持がどのように機能するかを示しています。

    1. Veeam Backup & Replicationは、古くなった長期リストアポイントがレプリケーションチェーンに含まれるかどうかを確認します。
    2. 古いリストアポイントが存在する場合、Veeam Backup & Replicationは、古い長期リストアポイント(LT RP)のファイルを再構築して、新しい長期リストアポイントのデータを含めます。これを行うために、Veeam Backup & Replicationは、長期リストアポイントに関連する最も古いデルタディスクファイルからベースディスクファイルのデータにコミットします。このようにして、ベースディスクファイルはレプリケーションチェーン内で「前進」します。

    テクニカルポイント、短期リストアポイント、長期リストアポイント、およびそれらが作成されるタイミングの詳細については、 CDPレプリケーションチェーンを参照してください

    保持ポリシー 

    1. Veeam Backup & Replicationは、最も古いデルタディスクファイルを冗長であるとしてチェーンから削除します。このデータは、ベースディスクファイルに既にコミットされています。

    保持ポリシー