AWS Snowball Edgeストレージの追加

このページで

    AWS Snowball Edgeは、Amazonから短期間リクエストされる物理デバイスです。Veeam Backup & Replicationバックアップインフラストラクチャに一時的に接続して、オブジェクトストレージとして使用できます。AWS Snowball Edgeの注文と使用準備の詳細については、こちらのAmazonの記事を参照してください。

    このデバイスは、エクステント上で多くのストレージ空間を占有する大量のバックアップファイルのオフロードが必要なときに役立つ可能性があります。AWS Snowball Edgeデバイスへのデータのオフロードは、Amazonオブジェクトストレージに直接データ転送するよりもはるかに短時間で実行できる場合があるためです。

    AWS Snowball Edgeにバックアップをオフロードしたら、Amazonにデバイスを返送してご使用のストレージアカウントとデータを同期する必要があります。詳細については、「AWS Snowball Edgeストレージへのバックアップのシード」を参照してください。

    重要

    輸送中にデバイスが損傷した場合のデータ消失のリスクを排除するために、バックアップファイルを移動するのではなくAWS Snowball Edgeにコピーし、デバイスが配送されてデータがストレージアカウントに安全に転送されるまで、ローカルインフラストラクチャに保持することをお勧めします。

    AWS Snowball EdgeストレージのFIPSステータスについては、Amazonの公式アップデートを参照してください。

    AWS Snowball Edgeストレージを追加するには、次の手順を実行します。

    1. オブジェクトストレージ名の指定
    2. オブジェクトストレージアカウントの指定
    3. オブジェクトストレージの設定の指定
    4. ウィザードの終了