高度な導入

このページで

    多数のジョブが実行される大規模な仮想環境では、バックアップサーバーに大きな負荷がかかります。この場合、高度な導入のシナリオを利用して、バックアップワークロードを専用のバックアップインフラストラクチャコンポーネントに移動することをお勧めします。ここでバックアップサーバーは、バックアップインフラストラクチャコンポーネントの導入と管理に関する「マネージャー」として機能します。

    高度な導入には以下のコンポーネントが含まれています。

    • 仮想インフラストラクチャサーバー — バックアップ、レプリケーション、およびVMコピーのソースおよびターゲットとして使用されるVMware vSphereホスト。
    • バックアップサーバー — バックアップインフラストラクチャのコンフィグレーションセンターおよびコントロールセンター。
    • バックアッププロキシ — ソースデータストアからVMデータを取得し、これを処理してターゲットに配信するために使用される「データムーバー」コンポーネント。
    • バックアップリポジトリ — バックアップファイル、VMコピー、およびレプリカの補助ファイルの格納に使用される場所。
    • 専用のマウントサーバー — VMゲストOSファイルおよびアプリケーションアイテムを元の場所にリストアするために必要なコンポーネント。
    • 専用のゲストインタラクションプロキシ — Microsoft Windows VMで非永続的実行時コンポーネントまたは永続的エージェントコンポーネントの導入に使用されるコンポーネント。

    高度な導入 

    高度な導入のシナリオを使用して、現在および今後のデータ保護要件を満たすことができます。バックアップインフラストラクチャを数分程度で水平方向に展開し、処理するデータの量と、利用可能なネットワークスループットを一致させることができます。バックアップサーバーの数を増やしたり、ジョブのスケジューリングを絶えず調整したりしなくても、複数のバックアップインフラストラクチャコンポーネントをインストールし、それらにバックアップワークロードを分配することができます。インストールプロセスは完全に自動化されており、仮想環境でのバックアップインフラストラクチャの導入と保守は簡素化されています。

    複数のプロキシを備える仮想環境では、Veeam Backup & Replicationによってこれらのプロキシにバックアップ・トラフィックが動的に分配されます。ジョブは明示的に特定のプロキシにマップできます。または、Veeam Backup & Replicationで最も適切なプロキシが選択されるようにすることもできます。この場合、Veeam Backup & Replicationによって利用可能なプロキシの設定がチェックされ、ジョブに最も適したプロキシが選択されます。使用されるプロキシサーバーは、ソースホストとターゲットホスト、そしてファイルが書き込まれるバックアップリポジトリへのアクセス権を持っている必要があります。

    高度な導入のシナリオは、オフサイトでのバックアップおよびレプリケートに関して優良な選択肢となり得ます。本番サイトにバックアッププロキシを1つ導入し、よりバックアップリポジトリに近い災害復旧(DR)サイトにもう1つを導入することができます。ジョブの実行時に、両側のバックアッププロキシで安定した接続が確立されるので、低速のネットワーク接続またはWANでも、このアーキテクチャで効率的なデータ転送が可能です。

    バックアップの負荷を調整するには、プロキシ1つあたりの現在のタスクの最大数を指定し、プロキシの帯域幅を制限するようにスロットリングルールを設定できます。現在のタスクの最大数は、バックアップリポジトリに関しても、その組み合わされたデータ速度の値に追加して指定することができます。

    高度な導入のシナリオのもう1つの利点は、ハイアベイラビリティに対する貢献です。プロキシの1つが過負荷または使用不能になった場合でも、プロキシ間でジョブを移行することができます。

    関連トピック

    コンポーネント