通知設定

このページで

    バックアップコピージョブの通知設定を指定するには、次の手順を実行します。

    1. ウィザードの[Target]のステップで、[Advanced]をクリックします。
    2. [Notifications]タブをクリックします。
    3. ジョブが正常に完了した後にSNMPトラップを受信する場合、[Send SNMP notifications for this job]チェックボックスを選択します。定期コピーモードでは、バックアップコピーのジョブ全体が終了したときに通知を受け取ります。即時コピーモードでは、各ソースバックアップジョブが終了したときに受け取ります。

    SNMPトラップを受信するように、Veeam Backup & ReplicationでグローバルSNMP設定を指定し、受信者のワークロード上のソフトウェアを構成すると、SNMPトラップが送信されます。詳細については、「SNMP設定の指定」を参照してください。

    1. ジョブが失敗または成功した場合に電子メールで通知を受け取りたい場合、[Send email notifications to the following recipients]チェックボックスを選択します。下のフィールドに、受信者の電子メールアドレスを入力します。セミコロンで区切って複数のアドレスを入力できます。

    Veeam Backup & Replicationでグローバル電子メール通知設定を構成すると、電子メール通知が送信されます。

    • [即時コピーモードの場合] Veeam Backup & Replicationでは、各ソースバックアップジョブのコピーが終了したときに、通知を送信します。たとえば、バックアップコピーのジョブに2つのソースバックアップジョブが含まれている場合、2つの電子メールを受信します。
    • [定期コピーモードの場合] Veeam Backup & Replication では、指定されたバックアップコピー間隔ごとに1回、統合的な電子メール通知を送信します。たとえば、ジョブの再試行のために、その間隔内に同期プロセスが複数回開始された場合でも、電子メール通知は1回のみ送信されます。

    グローバル通知設定の構成方法の詳細については、「グローバル電子メール通知設定の構成」を参照してください。

    1. [即時コピーモードの場合] [Send at]フィールドで、ログのバックアップを処理するBackup copyジョブに関する通知を送信する時刻を指定します。Veeam Backup & Replicationでは、1日に1回、指定された時刻に、統合レポートを送信します。
    2. グローバル通知設定を使用するか、カスタム通知設定を指定するかを選択できます。
      • ジョブに対して通常の通知を受信するには、[Use global notification settings]を選択します。この場合、Veeam Backup & Replicationは、バックアップ・サーバーに対して指定されたグローバル電子メール通知設定をジョブに適用します。詳細については、「グローバル電子メール通知設定の構成」を参照してください。
      • ジョブに対してカスタム通知を構成するには、[Use custom notification settings specified below]を選択します。次の通知設定を指定できます。
        1. [Subject]フィールドで通知の件名を指定します。件名に使用できる変数は、%Time%(完了時刻)、%JobName%CopyJobName\SourceJobNameという書式でのBackup copyジョブ名およびソースバックアップジョブ名)、%JobResult%%ObjectCount%(ジョブ内のワークロードの数)、および%Issues%(処理が[Warning]または[Failed]ステータスで終了したジョブ内のワークロードの数)です。
        2. [Notify on success]、[Notify on warning]または[Notify on error]チェックボックスのうち1つ以上を選択すると、データ処理が正常に完了したか、警告付きで完了したか、失敗した場合に電子メール通知を受信します。

    通知設定