バックアップファイルの内容の検証

このページで

    Veeam Backup ValidatorはバックアップサーバーのVeeam Backup & Replicationのインストールフォルダに配置され、デフォルトでは%ProgramFiles%\Veeam\Backup and Replication\Backup\Veeam.Backup.Validator.exeに配置されます。デフォルトパスが変更された場合は、次のレジストリ値で実際のパスを確認できます:[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Veeam\Veeam Backup and Replication] CorePath。

    ユーティリティを実行するには、バックアップサーバーでコマンドプロンプトを開き、現在のフォルダーをVeeam Backup Validatorが配置されているフォルダーに変更します。

    重要

    次の点にご注意ください。

    • Veeam Backup Validatorを実行するには、ローカルマシンで管理者権限を持つアカウントを使用する必要があります。
    • Veeam Backup ValidatorユーティリティはNASバックアップでは機能しません。
    • [スケールアウトバックアップリポジトリに保存されているバックアップの場合]Veeam Backup Validatorは、バックアップリポジトリで構成されるパフォーマンス層に保存されているバックアップのみを検証できます。。増分バックアップファイルとフルバックアップファイルが同じエクステントにあることを確認してください。

    構文

    Veeam Backup Validatorは、次のことを可能にするパラメータセットを提供します。

    • Veeam Backup Validatorのヘルプ情報を表示します。

    Veeam.Backup.Validator /?

    • 指定のバックアップに含まれているすべてのVMまたは選択したVMの内容の整合性を検証します。

    Veeam.Backup.Validator.exe / backup:backupname | backupid [/ vmname:vmname] [/ point:pointid] [/ date:pointdate] [/ time:pointtime] [/ silence] [/ skip] [/ report:reportpath [/ format:xml | html]]

    • 指定されたバックアップファイルのVMコンテンツの整合性を検証します。

    Veeam.Backup.Validator.exe /file:backupfile{1..*} [/username:username /password:password] [/vmname:vmname]

    [/silence] [/skip] [/report:reportpath [/format:xml|html]]

     

    パラメータ

    パラメータ

    説明

    必須/オプション

    パラメータタイプ

    /backup:
    backupname|
    backupID

    検証するバックアップまたはバックアップコピーのジョブの名前またはID*を指定します。

    必須

    文字列

    即時モードのバックアップコピーのジョブの場合、その子ジョブの名前を指定する必要があります。これは、ソースとして追加されたバックアップジョブをバックアップコピーのジョブにコピーするタスクです。たとえば、「My Copy」バックアップコピーのジョブが「Daily Backup」バックアップジョブをコピーする場合、パラメータ値を「My Copy\Daily Backup」に設定する必要があります。

    バックアップコピーのジョブ全体を検証する場合は、子ジョブごとにユーティリティを実行する必要があります。

    /file:backupfile{1..*}

    検証するバックアップファイル(VBM、VBK、VIB)を指定します。

    必須

    文字列

    次の点にご注意ください。

    • ファイルがネットワーク共有に配置されている場合は、フルパスを指定していることを確認してください。例:\\172.16.16.198\
      TestShare\Empty VM encryptedD2017-09-22T172639.vbk
    • マップされたネットワークドライブはサポートされていません。たとえば、 z:\\ 172.16.16.198\TestShareを指定することはできません

    /username:
    username /password:
    パスワード

    ネットワーク共有上のファイルにアクセスします。
    ユーティリティがネットワーク共有にアクセスするために使用するログイン情報を指定します。

    ネットワーク共有の場合、必須

    文字列

    異なる共有に配置されているファイルを検証する場合は、このアカウントにこれらのすべての共有のアクセス権があることを確認してください。

    /vmname:vmname

    バックアップファイルに含まれている、検証するVMの名前を指定します。

    オプション

    文字列

    指定しない場合、Veeam Backup Validatorによってバックアップファイル内のすべてのVMがチェックされます。

    /point:pointID

    検証するリストアポイントのID*を指定します。

    オプション

    文字列

    指定しない場合、Veeam Backup Validatorによって最新のリストアポイント、つまりリストアポイントが構成されるすべてのバックアップファイルを検証します。

    /date:pointdate

    検証済みのリストアポイントが作成された日付を指定します。

    オプション

    日付

    Veeamバックアップサーバーで使用しているのと同じ形式で日付を指定してください。例:

    • mm/dd/yyyy形式の場合、08.30.2012と指定します。
    • dd/mm/yyyy形式の場合、30.08.2012と指定します。

    /time:pointtime

    検証済みのリストアポイントが作成されたおおよその時刻を指定します。

    オプション

    時刻

    /silence

    サイレンスモードで検証を実行するかどうかを定義します。

    オプション

    ブール値

    /skip

    vmnameパラメーターにリストされているVMの処理をスキップするかどうかを定義します。

    オプション

    ブール値

    vmnameパラメータでは、スキップするすべてのVMをリストします

    /report:
    reportpath [/format:xml|
    html]

    検証結果に関するレポートを保存するパスを指定します。ユーティリティは、検証結果のレポートを生成して指定のパスに保存する場合に指定します。

    オプション

    文字列

    サポートされる形式は、HTMLとXMLです。

    * スクリプトやManagement Studioなどを使用して、Veeam Backup & ReplicationデータベースからバックアップジョブとリストアポイントのIDを取得できます。

    例1

    このコマンドでは、Exchangeバックアップジョブファイル内のexch01 VMを検証します。

    Veeam.Backup.Validator /backup:"Exchange Backup Job" /vmname:exch01

    Veeam Backup Validatorの使用 

    例2

    このコマンドでは、2018年12月18日の午前12時00分頃作成されたExchangeバックアップジョブファイル内のすべてのVMを検証します。

    Veeam.Backup.Validator /backup:"Exchange Backup Job"/date:12.18.2018 /time:12:00

    Veeam Backup Validatorの使用