SSHフィンガープリントの検証

このページで

    Veeam Backup & Replicationは、Linux VMのフィンガープリントとLinuxホストのフィンガープリントを別の方法で扱います。

    Linux VMのSSHフィンガープリントの検証

    Veeam Backup & Replicationの設定で[Add unknown hosts to the list manually (more secure)]オプションを有効にすると、フィンガープリントがVeeam Backup & Replicationデータベースまたはknown_hostsファイルに格納されていないLinuxベースのマシンは、Veeamバックアップサーバーと通信できなくなります。検出の際、Veeam Backup & Replicationは、そのようなマシンを[Untrusted]ノードに分類します。信頼できないコンピューターの管理を開始するには、Veeam Backup & Replicationコンソールで、対象となるコンピューターのフィンガープリントを手動で検証する必要があります。

    SSHフィンガープリントを検証するには、次の手順を実行します。

    1. [Inventory]ビューを開きます。
    2. インベントリペインで、[Virtual Infrastructure]ノードを展開し、[Untrusted]をクリックします。
    3. Veeam Backup & Replicationは、作業領域に、フィンガープリントを検証する必要があるマシンのリストを表示します。リスト内のマシンのフィンガープリントを確認し、次のいずれかの方法でそれらを検証します。

    クリックして拡大

      • リスト内の特定のコンピューターのフィンガープリントを検証するには、作業領域で目的のコンピューターを選択し、リボン上の[Trust]をクリックします。または、そのコンピューターを右クリックし、[Trust]を選択するという方法もあります。

    クリックして拡大

    LinuxホストのSSHフィンガープリントの検証

    LinuxホストのSSHパブリックキーフィンガープリントが変更された場合、Veeam Backup & Replicationは、このホストを[Unavailable]フォルダに配置します。このサーバーを使用可能にするには、次の手順を実行します。

    1. [Backup Infrastructure]ビューで、[Managed Servers]ノードを展開し、[Unavailable]を選択します。
    2. そのLinuxサーバーを右クリックし、[Properties]を選択します。
    3. Edit Linux Serverウィザードの[SSH Connection]ステップで、[ Apply]をクリックします。
    4. ポップアップダイアログウィンドウで[Yes]をクリックして、このサーバーを信頼していることを確認します。
    5. [Finish]をクリックしてウィザードを終了します。

    SSHフィンガープリントの検証