仮想アプライアンスモードでのデータのバックアップとリストア

このページで

    仮想アプライアンス転送モードでのデータ取得プロセスのステップは、次の通りです。

    1. バックアップサーバーがESXiホストに対して、データストアで必要なVMを検出するようにリクエストを送信します。
    2. ESXiホストがVMを検出します。
    3. Veeam Backup & Replicationが、VMスナップショットを作成するようにVMware vSphereをトリガーします。
    4. VMディスクが、バックアッププロキシに接続(ホットアド)されます。
    5. Veeam Backup & Replicationが、バックアッププロキシに接続されたディスクから直接データを読み取ります。
    6. VMの処理が完了すると、バックアッププロキシからVMディスクが切り離され、VMスナップショットが削除されます。

    仮想アプライアンスモードでのデータのバックアップとリストア 

    仮想アプライアンスモードでのデータリストアプロセスも同様に機能します。バックアップからのVMディスクはバックアッププロキシに接続され、Veeam Backup & ReplicationがVMデータをターゲットデータストアに転送します。リストアプロセスが完了すると、VMディスクはバックアッププロキシから切り離されます。

    ESXiホストは、VMware vCenterを介してVMware Cloud on AWSとやり取りします。Veeam Backup & Replicationは、ネットワークレスの仮想アプライアンス(ホットアド)モードでバックアップを実行します。