ステップ4:バックアップコピーのジョブからのオブジェクトの除外

このページで

    このオプションは、仮想マシンの場合のみ使用できます。

    Backup copyジョブから除外するオブジェクトを指定するには、次の手順を実行します。

    1. ウィザードの[Objects]ステップで、[Exclusions]をクリックします。
    2. [Exclusions]ウィンドウで、[Add]をクリックします。

    [即時コピーモードの場合] リストアポイントのソースとして追加のリポジトリがある場合は、個々のVMまたはバックアップジョブを処理から除外できます。個々のVMを除外するには、[Add] > [VMs]をクリックします。個々のジョブを除外するには、[Add] > [Jobs]をクリックします。

    1. [Add Objects]ウィンドウで、除外するオブジェクトを選択します。

    VMを除外するときに[Show full hierarchy]チェックボックスを使用すると、Veeam Backup & Replicationに追加されているすべてのホストの階層を表示できます。

    1. [Add]をクリックします。
    2. [OK]をクリックします。

    ステップ4:Backup copyジョブからのオブジェクトの除外