ExaGrid

このページで

    ExaGridアプライアンスをバックアップリポジトリとして使用できます。

    適応型重複排除

    ExaGridでは適応型重複排除を使用します。データ重複排除がターゲットのストレージシステムで実行されます。VMデータがディスクに書き込まれると、ExaGridが新たに転送されたデータ部分のバイトを分析します。ExaGridが長期にわたってデータのバージョンを比較し、差分のみをディスクに格納します。

    ExaGridはデータをストレージレベルで重複排除します。ストレージシステム全体で同一のデータが検出されるため、重複排除率が向上します。

    ExaGridの導入

    ExaGridと通信するために、Veeam Backup & Replicationではデータ処理とデータ転送を実行する2つのVeeamデータムーバーが使用されます。

    • バックアッププロキシ上のVeeamデータムーバー
    • ExaGridアプライアンス上のVeeamデータムーバー

    ExaGridでは、Veeamデータムーバーは永続的にはホストされません。ExaGridストレージをタスクが処理するときに、Veeam Backup & ReplicationによってExaGridアプライアンス上にVeeam Data Moverが展開されて開始されます。

    Veeamデータムーバーがバックアッププロキシ上のVeeamデータムーバーとの通信を確立し、LANまたはWAN経由での効率的なデータ転送が可能になります。

    ExaGrid 

    ExaGridの要件と推奨事項

    ExaGridアプライアンスへのバックアップを行うには、バックアップリポジトリとバックアップジョブを以下の方法で構成することを推奨します。

    バックアップリポジトリ

    ExaGridバックアップリポジトリを次のように構成します。

    1. 各ExaGridアプライアンスに1つ以上の共有を作成します。作成した共有の[ExaGrid-Veeam Accelerated Data Mover transport]オプションを有効にします。共有の圧縮設定と重複排除設定はデフォルトのままにします。

    ExaGridのログイン情報を追加する場合、ユーザー名には英小文字のみを使用してください。

    1. Veeam Backup & Replicationで、次のアクションを行います。
    1. ExaGridバックアップリポジトリを構成し、これらのリポジトリが、各ExaGridアプライアンス上に作成された共有を指すようにします。[Limit maximum concurrent tasks to N]オプションを10のタスクに設定します。ExaGrid顧客サポートの支援により、この上限を増加または減少させることができます。

    ExaGridサーバーをVeeamバックアップインフラストラクチャに追加し、Active Directoryアカウントユーザー名にUPNフォーマットを使用する場合(例:john.doe@domain.local)、ユーザー名は小文字のみで入力してください。

    1. ExaGridバックアップリポジトリを、スケールアウトバックアップリポジトリにエクステントとして追加します。

    バックアップジョブ

    バックアップジョブを以下の方法で構成します。

    1. バックアップジョブ設定:
    1. 増分バックアップ方法を使用します。
    2. 合成フルバックアップを有効にして、週1回実行するようにスケジュールします。
    3. アクティブフルバックアップを有効にして、月1回実行するようにスケジュールします。
    1. バックアップターゲット:ExaGridアプライアンスをエクステントとして持つスケールアウトバックアップリポジトリにバックアップジョブを割り当てます。

    次の点にご注意ください。

    • 同じデバイス上の同じフォルダ/パスを指す複数のバックアップリポジトリを作成しないでください。
    • 重複排除ストレージアプライアンスを対象とするジョブの暗号化を有効にしないことをお勧めします。暗号化は重複排除率に悪影響を及ぼします。詳細については、「データ暗号化」を参照してください

    ExaGridでの作業の詳細と推奨事項については、「このVeeamナレッジベースの記事」を参照してください。

    関連トピック

    バックアップリポジトリの追加