I/Oフィルタのインストール

このページで

    CDPを使用してVMを保護できるようにするには、保護する予定のVMがある各クラスター、およびVMレプリカがある各クラスターにI/Oフィルタをインストールする必要があります。このフィルタの詳細については、「ソースおよびターゲットホスト」を参照してください。

    特定のクラスターにこのフィルタをインストールするには、[Inventory]ビューを開きます。インベントリペインで、[Virtual Infrastructure] > [VMware vSphere] > [vCenter Servers] > [<vCenter Server名>] > [<クラスター名>]ノードに移動し、それを右クリックします。メニューで[Install I/O filter]を選択します。

    重要

    クラスターに対してvSphere LifeCycle Managementが有効になっている場合は、このセクションの手順に従ってから、「このVeeamナレッジベースの記事」の手順に従います。

    vCenter Server内の複数のクラスターにI/Oフィルタをインストールするには、I/O Filter Managementウィザードを使用します。

    1. I/O Filter Managementウィザードの起動
    2. クラスターの選択
    3. フィルタがインストールされるまで待機
    4. ウィザードの終了