ポリシーの無効化と削除

このページで

    Veeam Backup & Replicationでは、作成したCDPポリシーを一時的に無効にすることや完全に削除することができます。

    CDPポリシーの無効化

    CDPポリシーを無効にするには、次の手順を実行します。

    1. [Home]ビューを開きます。
    2. インベントリペインで、[Jobs] > [CDP]ノードに移動します。
    3. 作業領域で、対象のポリシーを選択し、リボン上の[Disable]をクリックします。別の方法として、対象のポリシーを右クリックして[Disable]を選択することもできます。

    ヒント

    無効化したポリシーを有効にするには、それを選択し、[Disable]を再度クリックします。

    CDPポリシーの削除

    Veeam Backup & Replicationでは、無効化されたポリシーのみを削除できます。CDPポリシーを削除するには、次の手順を実行します。

    1. [Home]ビューを開きます。
    2. インベントリペインで、[Jobs] > [CDP]ノードに移動します。
    3. 作業領域で、対象のポリシーを選択し、リボン上の[Delete]をクリックします。別の方法として、対象のポリシーを右クリックして[Delete]を選択することもできます。

    CDPポリシーの無効化