AWSユーザーのアクセスキー

このページで

    AWSへの接続に使用しようと計画しているログイン情報のレコードを作成できます。

    AWSリソースにアクセスするには、Identity and Access Management(IAM)ユーザーログイン情報またはAWSアカウントルートユーザーログイン情報を使用できます。ただし、AWSでは、IAMユーザーログイン情報を使用することを推奨しています。詳細については、AWS全般のリファレンスの「AWS Account Root User Credentials vs. IAM User Credentials」セクションを参照してください。ユーザーに付与する必要がある権限は、「必要な権限」セクションにリストされています。

    Veeam Backup & Replicationは、AWSで、ユーザー名とパスワードの代わりにAWSのCLIコマンドを使用して操作を行っているため、AWSアクセスキーを指定する必要があります。AWSアクセスキーは長期ユーザーログイン情報で、アクセスキーIDと秘密アクセスキーの2つの部分で構成されます。詳細については、AWS IAMユーザーガイドの「IAMユーザーのアクセスキーの管理」セクションを参照してください。

    ログイン情報レコードを作成するには、次の手順を実行します。

    1. メインメニューで、[Manage Cloud Credentials]を選択します。
    2. [Add] > [Amazon AWS access key]をクリックします
    3. [Access key]フィールドに、アクセスキーIDを入力します。
    4. [Secret key]フィールドに、秘密アクセスキーを入力します。入力したシークレットキーを表示するには、フィールドの右にある目のアイコンをクリックしたままにします。
    5. [Description]フィールドに、作成するログイン情報レコードの説明を入力します。

    重要

    AWS S3への接続用のログイン情報の所有者であるユーザーが管理権限(AWS S3のすべてのアクションとリソースへのアクセス権)を持つことを推奨します。

    AWSユーザーのアクセスキー

    関連トピック