vSphere設定

このページで

    vCDレプリケーションジョブのvSphere設定を指定するには、次の手順を実行します。

    1. ウィザードの[Job Settings]のステップで、[Advanced]をクリックします。
    2. [vSphere]タブをクリックします。
    3. レプリケーション時に処理対象VMのファイルシステムを静止させるには、[Enable VMware tools quiescence]チェックボックスを選択します。Veeam Backup & ReplicationはVMバージョンに応じて、VMware FileSystem Sync Driver(vmsync)ドライバ、またはVMware ToolsのVMware VSSコンポーネントを使用して、VMスナップショットを作成します。これらのツールはVMファイルシステムを静止させ、VMを整合性がとれていてレプリケーションに適した状態にします。
    4. [Changed block tracking]セクションで、次のようにVMware vSphere CBTを構成します。
    1. CBTを有効にする場合は、[Use changed block tracking data]チェックボックスを選択します。
    2. VM設定でCBTが無効になっていてもCBTを強制的に使用する場合は、[Enable CBT for all processed VMs automatically]チェックボックスをオンにします。
    3. 最初のレプリケーションジョブの開始後にCBTをリセットする場合は、[Reset CBT on each Active Full backup automatically]チェックボックスを選択します。

    CBTのリセットは、たとえば、CBTが誤った変更データを返す場合などの問題を回避するのに役立ちます。

    CBTの詳細については、「変更ブロック追跡」を参照してください。

    vSphere設定重要!

    CBTは、仮想ハードウェアバージョン7以降のVMに対して使用できます。これらのVMに既存のスナップショットが存在していないことが条件となります。

    をターゲットにしたボリュームレベルバックアップジョブを構成した場合のみです。vCDのvSphere設定