VMware Toolsの静止点作成機能

このページで

    動作しているVMをバックアップまたはレプリケートする場合は、VMを静止、つまり「フリーズ」して、VMのファイルシステムとアプリケーションデータを整合性のとれた状態にする必要があります。トランザクション性の高いアプリケーションでは、データの静止が極めて重要です。トランザクションレベルの整合性のあるバックアップやレプリカを作成でき、アプリケーションデータの安全性が保証されるためです。

    Microsoft VSSをサポートしないVM(Linux VMなど)で整合性のあるバックアップとレプリカを作成するには、ジョブの設定でVMware Toolsの静止点作成機能を有効にします。この場合、Veeam Backup & Replicationは、バックアップまたはレプリケーションの前に、VMware Toolsを使用してVM上のファイルシステムとアプリケーションデータを凍結します。

    VMware Toolsでは、Microsoft VSSをサポートするMicrosoft WindowsベースのVMについて、バックアップやレプリカを作成することも可能です。この操作では、VMware ToolsはVMware VSSコンポーネントを使用します。サポートされるOSや静止機能の詳細については、VMwareのドキュメントを参照してください。

    ただし、フリーズする前にアプリケーションをトランザクションの整合性が保たれた状態にするには、プレスクリプトを使用する必要があります。フリーズ後に、アプリケーションを初期状態にするには、ポストスクリプトを使用します。これらのスクリプトをバックアップサーバーに格納します。バックアップジョブまたはレプリカジョブが開始されると、Veeam Backup & Replicationは、VMゲストOS上の適切なフォルダにこれらのスクリプトをアップロードします。詳細については、「プレスクリプトおよびポストスクリプト」を参照してください。

    デフォルトでは、VMware Toolsの静止点作成機能は無効になっています。この機能は、ジョブレベルで有効にできます。VMware Toolsの静止点作成機能は、ジョブに追加されたすべてのVMに対して有効化されます。

    VMware Toolsの静止点作成機能 

    関連トピック