CDPレプリケーションチェーン

このページで

    レプリケーションチェーンは、フェイルオーバー中にVMレプリカを任意の時点にロールバックできる一連のファイルです。Veeam Backup & Replicationにより、CDPポリシーに追加されたVMごとにレプリケーションチェーンが作成されます。

    レプリケーションチェーンには、短期リストアポイントと長期リストアポイントが含まれています。短期リストアポイントを使用すると、VMレプリカデータを数秒または数分前に作成された状態にロールバックできます。一方、長期リストアポイントを使用すると、数時間または数日に作成された状態にロールバックできます。 短期リストアポイントには常にクラッシュ整合性があります。一方、長期リストアポイントには、CDPポリシー設定での長期リストアポイントの構成方法に応じて、クラッシュ整合性がある場合とアプリケーション整合性がある場合があります。

    レプリケーションチェーンは、[<レプリカVM名>]フォルダ内のターゲットデータストアに保存されます。レプリケーションチェーンは、次のタイプのファイルで構成されています(主なファイルタイプのみがリストされています)。

    • VMX — VMレプリカの構成ファイル。

    レプリケーションチェーンには、1つの.vmxファイルが含まれています。リスト内のその他のファイルは、仮想ディスクごとに作成されます。

    • VMDK — レプリカハードディスクドライブのコンテンツが保存される仮想ディスクファイル。

    データストアでは、ファイルは次の名前で表示されます。

    • <ディスク名>-.vmdk — 仮想ディスクの完全コピー(つまり、ストアベースディスクデータ)が保存されるファイル。これらのファイルは、最初の同期時に作成され、最初の長期リストアポイントに関連しています。このリストアポイントにはクラッシュ整合性があります。
    • <ディスク名>-<インデックス>.vmdk — 仮想ディスクに対して行われた増分変更(つまり、ストアデルタディスクデータ)が保存されるファイル。デルタディスクファイルは、以下に関連しています。
    • 長期リストアポイント。この場合、ファイルはCDPポリシー設定で構成された長期スケジュールに従って作成されます。これらのファイルは、長期保持によって保持されるまで変更されません
    • 技術的なポイント。これらの技術的なポイントは、短期保持中に必要になります。テクニカルポイントの作成は、トランザクションログの作成に関連しています。テクニカルポイントは、トランザクションログファイルが最大サイズに達したとき、または短期保持に達した後にトランザクションログが作成されたときに作成されます。トランザクションログファイルの詳細については、TLOGの説明を参照してください。
    • [Veeam Backup & Replication 11a (build 11.0.1.1261)で始まるVSANおよびVVOLの場合]<disk_name>-<index>.tlog.vmdk —TLOGの説明を参照してください。
    • <ディスク名>-interim.vmdk — 保護仮想ディスク用のファイル。仮想ディスクに加えられた変更は、フェイルオーバーを実行するときにこれらのファイルに書き込まれます。

    VMDKファイルはVMwareスナップショットファイルのように見えますが、これらは実際にはスナップショットではありません。これらのファイルは、ターゲットホストにインストールされたI/Oフィルタによって作成されます。

    • VMFD — ディスクのメタデータが含まれるファイル。
    • TLOG — CDPポリシー設定に設定されたRPO中に仮想ディスクに対して行われる増分変更が保存されるトランザクションログファイル。これらのファイルは、CDPポリシー設定に設定されたRPO中に1回作成される短期リストアポイントに関連しています。1つのトランザクションログファイルに複数の短期リストアポイントのデータが保存されます。

    [ Veeam Backup & Replication11a (build 11.0.1.1261)で始まるVSANおよびVVOLの場合] Veeam Backup & Replicationは、トランザクションログファイルを仮想ディスクファイル(<disk_name>-<index>.tlog.vmdk)として保存し、VSAN制限の255GBおよびファイルのVVOL制限の4GBを回避します。

    新しいトランザクションログファイルが作成されるのは、次の場合です。

    VMレプリカを任意の時点にロールバックするには、レプリカ用として作成されるファイルのチェーンに、ベースディスク用のデータが含まれるファイル(<ディスク名>-flat.vmdk)およびディスクの増分変更が含まれる一連のファイル(<ディスク名>-<インデックス>.vmdk + .tlogまたはVSANおよびVVOLの .tlog.vmdk)が含まれる必要があります。レプリケーションチェーン内のファイルの一部が見つからない場合、必要な状態にロールバックできなくなります。このため、データストアからファイルを削除しないでください。代わりに、目的のファイル数を維持できる保持ポリシー設定を指定する必要があります。保持ポリシーおよびその構成方法の詳細については、「保持ポリシー」を参照してください。