Direct NFSアクセスモードのバックアッププロキシ

このページで

    Microsoft Windowsサーバー(物理または仮想)にバックアッププロキシのロールを割り当てた場合、Veeam Backup & Replicationによって、すべてのバックアッププロキシにNFSエージェントが展開されます。Direct NFSアクセスモードを使用するようにバックアッププロキシに指示するには、バックアッププロキシ設定で、[Automatic selection]または[Direct storage access]オプションを選択する必要があります。

    Direct NFSアクセスモードのバックアッププロキシ 

    データの読み取りと書き込みをDirect NFS転送モードで実行するためには、バックアッププロキシが次の要件を満たしている必要があります。

    1. バックアッププロキシがNFSデータストアにアクセスできる。
    2. バックアッププロキシがNFSデータストアの読み取り専用/書き込み権限およびルートアクセス権を持っている。

    バックアッププロキシの選択

    Veeam Backup & Replicationでは、Direct NFSアクセス転送モードで動作するバックアップ・プロキシが以下のルールで選択されます。

    • ジョブまたはタスクにバックアップ・プロキシを自動的に選択するようにVeeam Backup & Replicationに指示した場合、Veeam Backup & Replicationでは、NFSデータストアへのホップ数が最小のバックアップ・プロキシが選択されます。バックアップ・インフラストラクチャにホップ数が同じバックアップ・プロキシが複数存在する場合、Veeam Backup & Replicationによって、バックアップ・インフラストラクチャ内で最もビジーでないバックアップ・プロキシが選択されます。

    ホップ数が最小のバックアッププロキシがすべてビジー状態の場合、Veeam Backup & Replicationでは、これらのバックアッププロキシがフリーになるまで待機します。Veeam Backup & Replicationでは、NFSデータストアへのホップ数が多い、Direct NFSアクセス転送モードまたは仮想アプライアンス転送モードで動作するバックアッププロキシは選択されません。

    • ジョブまたはタスクに1つ以上のバックアッププロキシを明示的に選択した場合、Veeam Backup & Replicationでは、NFSデータストアへのホップ数は考慮されません。Veeam Backup & Replicationでは、Direct NFSアクセス転送モードで動作する最もビジーでないバックアッププロキシが選択されます。

    Direct NFSアクセス転送モードで動作するバックアッププロキシがすべてビジー状態の場合、Veeam Backup & Replicationでは、これらのバックアッププロキシがフリーになるまで待機します。Veeam Backup & Replicationでは、仮想アプライアンス転送モードで動作するバックアッププロキシは選択されません。

    バックアップ・プロキシからNFSデータストアまでのホップ数を検出するために、Veeam Backup & Replicationではホスト検出プロセスが使用されます。ホスト検出時に、Veeam Backup & Replicationはホップ数に関する情報を取得し、どのNFSデータストアにバックアップ・プロキシがアクセスできるのか、およびNFSデータストアでバックアップ・プロキシがどの権限を持っているのかをチェックします。

    ホスト検出プロセスでは、バックアッププロキシのロールが割り当てられているすべてのMicrosoft Windowsマシンが再スキャンされます。プロセスは4時間ごとに自動的に開始されます。ホスト検出は、バックアッププロキシの転送モード設定を変更して、ダイレクトストレージアクセスを使用するように選択した場合にも開始されます。

    必要に応じて、ホスト検出プロセスを手動で開始できます。そのためには、バックアッププロキシのロールが割り当てられているマシンで、再スキャン操作を実行します。