設定からの削除

このページで

    Veeam Backup & Replicationコンソールおよび構成データベースからレプリカに関するレコードを削除する場合、[Remove from configuration]操作を使用することができます。

    レプリケートされたVMはターゲットホスト上に残ります。必要に応じて、[Remove from configuration]操作の実行後にこれらのVMを手動で起動することができます。

    次の点にご注意ください。

    • [Remove from configuration]操作は、準備状態のVMレプリカに対してのみ実行できます。VMレプリカがフェイルオーバー状態またはフェイルバック状態の場合、このオプションは無効になります。
    • スタンドアロンオブジェクトとしてレプリケートされるVMに[Remove from configuration]操作を実行すると、Veeam Backup & Replicationにより最初のレプリケーションジョブからVMが削除されます。VMコンテナの一部としてレプリケートされるVMに対して[Remove from configuration]操作を実行すると(ホスト、クラスター、フォルダ、リソースプール、VirtualApp、データストア、タグのいずれか)Veeam Backup & Replicationによって最初のレプリケーションジョブ内の除外リストにこのVMが追加されます。詳細については、「レプリケーションジョブからのオブジェクトの除外などの理由でデータベースが除外されることがあります。

    Veeam Backup & Replicationコンソールおよび構成データベースからVMレプリカに関するレコードを削除するには、次の手順を実行します。

    1. [Home]ビューを開きます。
    2. インベントリペインで、[Replicas]を選択します。
    3. 作業領域で、レプリカを選択して、リボンの[Remove from] > [Configuration]をクリックします。レプリカを右クリックして[Remove from configuration]を選択することもできます。

    構成からのレプリカの削除