ステップ6:データストアの選択

このページで

    [Datastore]ステップは、[Destination]ステップで[Failback to the specified location]オプションを選択した場合に利用できます。

    ウィザードの[Datastore]ステップで、リカバーするVMの設定ファイルとディスクファイルを保存するデータストアを指定します。ディスクタイプを変更することもできます。

    1. VMファイルを保存するデータストアを変更するには、該当するVMを選択し、[Datastore]をクリックします。利用できるデータストアのリストから、目的のデータストアを選択します。

    VMの設定ファイルとディスクファイルを別々のデータストアに格納する必要がある場合は、該当するタイプのファイルを選択し、[Datastore]をクリックして、目的のデータストアを選択します。

    1. ディスクタイプの設定を変更するには、該当するディスクファイルを選択し、[Disk Type]をクリックします。[Disk Type Settings]ウィンドウで、目的のディスクタイプを選択します。

    デフォルトでは、Veeam Backup & Replicationでは、元のVMのディスクタイプが維持されます。

    ステップ6:データストアの選択 注:

    仮想ハードウェアバージョン7以降のVMの場合のみディスクタイプを変更できます。

    ステップ6:データストアの選択