フェイルオーバーの取り消し

このページで

    VMレプリカをフェイルオーバー前の状態に戻すには、フェイルオーバーを取り消します。

    フェイルオーバーを取り消すと、VMレプリカから元のVMに戻ります。 Veeam Backup & Replicationにより、VMレプリカがFailover状態の間にそのVMレプリカに対して行われた変更がすべて破棄されます。フェイルオーバー取り消しのシナリオは、テストやトラブルシュートの目的で、VMレプリカをフェイルオーバーし、その後、通常の運用モードに戻る場合に使用できます。

    フェイルオーバーの取り消し操作は、次の方法で実行されます。

    1. Veeam Backup & Replicationによって、VMレプリカがフェールオーバー前の状態に戻されます。これを行うために、Veeam Backup & ReplicationはVMレプリカの電源をオフにして、VMレプリカをスナップショットチェーン内の最新のスナップショットの状態に戻します。VMレプリカがFailover状態のときに スナップショットデルタファイルに書き込まれた変更は破棄されます。
    2. VMレプリカの状態がReadyに戻り、Veeam Backup & Replicationによって、ソースホスト上の元のVMに対してレプリケーションアクティビティが再開されます。

    フェイルオーバーの取り消し 

    関連トピック

    フェイルオーバーの取り消し