インスタントファイル共有リカバリの実行

このページで

    インスタントファイル共有リカバリ機能を使用すると、ファイル共有のポイントインタイムの状態を読み取り専用のSMBファイル共有としてパブリッシュして、ユーザーがすべての保護対象ファイルに即座にアクセスできるようにすることができます。

    インスタントファイル共有リカバリを実行する前に、前提条件を確認してください。その後、Instant File Share Recoveryウィザードを使用します。

    1. Instant File Share Recoveryウィザードの起動
    2. リストアするファイル共有の選択
    3. マウントサーバー設定の指定
    4. ファイル共有のアクセス権限の指定
    5. インスタントリカバリの理由の指定
    6. ウィザードの設定の終了