インスタントVMリカバリ

このページで

    VMware vSphereへのインスタントリカバリを使用すると、圧縮と重複排除を施したバックアップファイルから直接実行することにより、異なるワークロード(VM、EC2インスタンス、物理サーバーなど)をVMware vSphere VMとして本番環境に即座に復元できます。インスタントリカバリは、目標復旧時間(RTO)を改善し、本番ワークロードの中断やダウンタイムを最小限に抑えるのに役立ちます。ワークロードは数分で復旧します。

    インスタントリカバリを実行すると、Veeam Backup & Replicationは、バックアップリポジトリに保存されているバックアップから直接ワークロードイメージをホストにマウントします。これは、Veeam Backup & Replicationが、I/Oパフォーマンスが制限された完全に機能する「一時スペア」を作成することを意味します。完全なI/Oパフォーマンスを提供するには、これらの「一時スペア」を実稼働サイトに移行する必要があります。詳細については、「リカバリされたVMの本番サイトへの移行」を参照してください。

    災害復旧の問題のほか、テストの目的でもインスタントリカバリを使用することができます。本番ストレージにワークロードイメージを抽出して正規の災害復旧(DR)テストを実行する代わりに、バックアップファイルからワークロードを直接実行して起動し、ゲストOSおよびアプリケーションが正しく機能していることを確認することができます。詳細については、「 VMware vSphereへのインスタントリカバリの完了」を参照してください。

    インスタントリカバリは一括処理に対応しているため、複数のワークロードを同時に、即座に復元することができます。複数ワークロードのためにインスタントリカバリを実行する場合、Veeam Backup & Replicationはリソーススケジューリングメカニズムに基づいて、インスタントリカバリに必要な最適なリソースを割り当て、使用します。詳細は「リソースのスケジューリング」を参照してください。

    対応しているバックアップの種類

    次のタイプのバックアップからワークロードを復元できます。

    インスタントリカバリのしくみ

    インスタントリカバリの実行時、Veeam Backup & ReplicationはVeeam vPowerテクノロジーに基づいて、圧縮および重複排除を施したバックアップファイルからESXiホストに直接ワークロードイメージをマウントします。ワークロードをバックアップファイルから抽出して本番ストレージにコピーする必要がないため、どのリストアポインからでもわずか数分で復元できます。

    ワークロードのイメージは、意図していない修正を防止するため、読み取り専用状態のままとなります。デフォルトでは、復元されたVMの実行中に発生した仮想ディスクへの変更はすべて、NFSサーバー(バックアップサーバーまたはバックアップリポジトリ)上の補助REDOログファイルに記録されます。これらの変更は、復元されたVMが削除されるとすぐに破棄されるか、VMを運用サイトに移行する場合はマージされます。

    復元されたVMのI/Oパフォーマンスを向上させるため、VMの変更内容をVMがあるホストに近い特定のデータストアにリダイレクトすることができます。この場合、Veeam Backup & Replicationはスナップショットをトリガーし、VMイメージの変更内容を保存したメタデータファイルと一緒に、選択したデータストアのVeeam IRディレクトリに格納します。

    復元されたVMの本番サイトへの移行

    復元されたVMを本番ストレージに移行するには、次のいずれかの再配置方法を使用できます。

    再配置方法の詳細については、を参照してください。 Quick Migration。インスタントリカバリで復元されたワークロードの移行を開始する方法の詳細については、「 VMware vSphereへのインスタントリカバリの完了」を参照してください。

    関連トピック

    すべてのVM復元方法のリスト