VMゲストOSファイルのインデックス作成のしくみ

このページで

    ファイルのインデックス作成オプションを有効にしてバックアップ・ジョブを実行すると、Veeam Backup & Replicationで次の処理が実行されます。

    1. バックアップジョブが開始されると、Veeam Backup & Replicationはファイルシステムのインデックス作成が必要なVMに接続され、このVM内に非永続的実行時コンポーネントを導入するか、永続的エージェントコンポーネントに接続(必要な場合は導入)します。これらのコンポーネントは、VM内でのインデックス作成アクティビティの調整を行います。
    2. 非永続的実行時コンポーネントまたは永続的エージェントコンポーネントが、VMファイルシステムのインデックス作成を開始します。インデックス作成手順は、バックアップ手順と並行して行われます。インデックス作成に時間がかかる場合、Veeam Backup & Replicationはインデックス作成手順の完了を待ちません。VMデータのコピーを開始し、VM内でファイルのインデックス作成を続行します。VMに対してアプリケーションを認識した処理を有効にしている場合、Veeam Backup & ReplicationはVMゲストOSではなく、VSSスナップショットを使用してインデックス作成を行います。その結果、作成されたファイルのインデックスには、バックアップされたVMの状態が正確に反映されます。
    3. ファイルのインデックス作成が完了すると、非永続的実行時コンポーネントまたは永続的エージェントコンポーネントはインデックス作成データを収集し、GuestIndexData.zipファイルに書き込みます。GuestIndexData.zipファイルは、バックアップサーバーの一時フォルダに格納されます。
    4. バックアップ・ジョブが完了すると、Veeam Backup & ReplicationがローカルVeeam Guest Catalog Serviceに通知し、サービスがバックアップ・サーバーのVeeam Catalogフォルダにインデックス作成データを保存します。
    5. 次のカタログ・レプリケーション・セッション中に、グローバルVeeam Guest Catalog Serviceは、バックアップ・サーバーからVeeam Backup Enterprise ManagerサーバーのVeeam Catalogフォルダにデータをレプリケートします。

    VMゲストOSファイルのインデックス作成のしくみ