高速クローン

このページで

    高速クローンは、迅速なファイルコピーの作成に役立つVeeam Backup & Replicationテクノロジーです。高速クローンによって、合成バックアップの作成および変換が高速化し、必要なディスク容量とストレージデバイスへの負荷を低減します。

    このテクノロジーでは、Veeam Backup & Replicationは、ファイル間でデータブロックをコピーするのではなく、ボリューム上の既存のデータブロックを参照します。データブロックは、ファイルが変更されたときにのみコピーされます。

    Veeam Backup & Replicationでは、次のタイプのバックアップリポジトリについて高速クローンをサポートしています。

    • Linuxサーバー
    • Microsoft Windows Server
    • SMB共有

    リポジトリのタイプに応じて、高速クローンは異なるテクノロジーを使用し、異なる要件と制限事項があります。詳細については、「 Linuxリポジトリの高速クローン」と「Microsoft WindowsおよびSMBのリポジトリの高速クローン」を参照してください。

    Veeam Backup & Replicationは、次の操作に高速クローンを使用します。

    • バックアップジョブで:バックアップファイルのマージ、合成フルバックアップの作成(GFSバックアップを含む)、逆増分バックアップの変換、フルバックアップファイルのコンパクト化。
    • バックアップコピーのジョブで:バックアップファイルのマージ、GFSバックアップの作成(合成の方法で)、フルバックアップファイルのコンパクト化。

    Veeam Backup & Replicationが高速クローンを利用して操作を実行すると、この情報がこの操作のセッションの詳細に報告されます。

    高速クローン 

    Linuxリポジトリの高速クローン

    Linuxバックアップリポジトリの場合、高速クローンはreflink技術を使用します。

    Linuxリポジトリの要件

    Veeam Backup & Replicationでは、高速クローンを使用するには、Linuxバックアップリポジトリが次の条件を満たしている必要があります。

    サポート対象のディストリビューション:CentOS 8.2および8.3、Debian 10.x、RHEL 8.2以降、SLES 15 SP2、Ubuntu 18.04 LTSおよび20.04 LTS。他のディストリビューションでは、高速クローンのサポートは試験的に導入されています。

    Linuxリポジトリの構成

    高速クローンを使用するようにLinuxバックアップリポジトリを構成するには、XFSボリュームのフォーマット文字列を次のようにします。

    mkfs.xfs -b size=4096 -m reflink=1,crc=1 /dev/sda1

    この場合:

    制限事項

    高速クローン対応のLinuxバックアップリポジトリにバックアップチェーンを移動した後は、高速クローンを有効化するためにこれらのチェーンについてアクティブフルバックアップを作成する必要があります。アクティブフルバックアップの代わりに、バックアップファイルのコンパクト化操作をスケジュールすることもできます。

    Microsoft WindowsおよびSMBのリポジトリの高速クローン

    Microsoft WindowsおよびSMBのバックアップリポジトリでは、高速クローンはMicrosoftのブロッククローニング技術を利用します。ブロッククローニングの詳細については、Microsoftのドキュメントを参照してください。

    デフォルトでは、Veeam Backup & Replicationは要件を満たすMicrosoft WindowsおよびSMBのすべてのバックアップリポジトリで高速クローンを使用します。このオプションは、レジストリキーを使用して無効にすることができます。詳細については、Veeam Customer Supportにお問い合わせください。

    Microsoft WindowsおよびSMBのリポジトリの要件

    Microsoft Windowsバックアップリポジトリ

    高速クローンを使用するには、Veeam Backup & ReplicationではMicrosoft Windowsバックアップリポジトリが次の条件を満たす必要があります。

    • OSがMicrosoft Windows Server 2016以降またはMicrosoft Windows 10 Pro for Workstations。
    • ファイルシステムがReFS 3.1以降。

    共有フォルダバックアップリポジトリ

    高速クローンを使用するには、Veeam Backup & ReplicationではSMBバックアップリポジトリがFSCTL_DUPLICATE_EXTENTS_TO_FILEおよびFSCTL_SET_INTEGRITY_INFORMATIONをサポートしている必要があります。Microsoft Windowsマシン上で構成されたSMB共有が、SMB 3.1.1プロトコルとReFS 3.1以降のファイルシステムもサポートしている必要があります。

    実行するジョブのタイプによっては、Veeam Backup & Replicationではバックアップインフラストラクチャコンポーネントに次の要件も必要です。

    ジョブのタイプ

    バックアップインフラストラクチャコンポーネントに対する要件

    バックアップジョブ

    プロトコル:SMB 3.1.1

    OS:次のバックアップインフラストラクチャコンポーネント上のMicrosoft Windows Server 2016以降またはMicrosoft Windows 10 Pro for Workstations:

    • ゲートウェイを手動で選択する場合:ゲートウェイサーバー。
    • ゲートウェイを自動で選択する場合:バックアップリポジトリに関連付けられたマウントサーバー、またはバックアップサーバー。逆増分バックアップチェーンの場合は、ジョブに割り当てられているバックアッププロキシにMicrosoft Windows Server 2016またはWindows 10 Pro for Workstationsもインストールする必要があります。

    バックアップコピージョブ

    プロトコル:SMB 3.1.1

    OS:次のバックアップインフラストラクチャコンポーネント上のMicrosoft Windows Server 2016以降またはMicrosoft Windows 10 Pro for Workstations:

    • ゲートウェイを手動で選択する場合:ゲートウェイサーバー
    • ゲートウェイが自動的に選択される場合:
      [直接のデータ転送パスの場合] バックアップリポジトリと関連付けられたマウントサーバー、またはバックアップサーバー。
      [WANアクセラレータを介したデータ転送パスの場合] ターゲットWANアクセラレータ上のMicrosoft Windows Server 2016以降またはMicrosoft Windows 10 Pro for Workstations。

    制限事項

    Veeam Backup & ReplicationがMicrosoft WindowsまたはSMBのバックアップリポジトリで高速クローンを使用するときは、次の制限事項が適用されます。

    • Veeam Backup & Replicationは、Veeam Backup & Replication 9.5以前のバージョンで構成されたバックアップリポジトリでは高速クローンを使用しません。アップグレード後でも、このようなバックアップリポジトリは、高速クローンがサポートされていないバックアップリポジトリとして機能します。高速クローンを利用するには、そのようなバックアップリポジトリの設定を編集し、設定を変更せずにEdit Backup Repositoryウィザードを完了する必要があります。
    • 前の段落で説明した通りに既存のリポジトリに対して高速クローンを有効にした後、または高速クローン対応のバックアップリポジトリにバックアップチェーンを移動した後は、高速クローンを有効化するために、リポジトリに保存または移動したバックアップチェーンについてアクティブフルバックアップを作成する必要があります。アクティブフルバックアップの実行の代わりに、バックアップファイルのコンパクト化操作をスケジュールすることもできます。
    • Microsoftの制限事項により、バックアップチェーン内のすべてのバックアップファイルは、同じボリュームに保存する必要があります。詳細については、Microsoftのドキュメントで「制限と注意事項」を参照してください。
    • 高速クローンでは、ソースおよび宛先のファイルを同じReFSボリュームに保存する必要があります。高速クローンがサポートされているバックアップリポジトリを、エクステントとしてスケールアウトバックアップリポジトリに追加する場合は、必ずこのスケールアウトバックアップリポジトリのデータローカリティ配置ポリシーを有効にします。バックアップファイルが異なるエクステントに保存されている場合は、高速クローンは使用されません。
    • Veeam Backup & Replicationは、ボリューム設定または使用されているSMB共有ストレージに応じて、4 KBまたは64 KBのブロック境界でデータブロックを自動的に調整します。

    64 KBのクラスターサイズにフォーマットされたReFSボリュームを使用して、大きいデータボリュームでのパフォーマンスを高めることをお勧めします。

    • データをReFSボリュームから別の場所にコピーすると、ファイルシステムがクローン化されたデータブロックをダウンロードします。このため、データがコピー元で占有して使用していた容量よりも、コピーされたデータが保存先で占有する容量の方が大きくなります。これが起きるのは、たとえば、ブロックのクローン化をサポートするエクステントをスケールアウトバックアップリポジトリから避難させて、VMバックアップデータを別のエクステントに移行する場合です。コピーされたデータは、元々占めていた容量よりも多くの容量を必要とします。
    • Microsoft Windows Server 2016バージョン1709以降またはMicrosoft Windows 10 Pro for Workstationsにバックアップリポジトリのロールを割り当てる場合は、次の制限事項に注意してください。
    • 高速クローンとWindowsデータ重複排除は同時に使用できません。そのため、高速クローンをサポートするリポジトリにバックアップジョブを保存し、Windowsデータ重複排除を有効にすると、このジョブで高速クローン技術は使用されません。
    • バックアップジョブをCIFS ReFSリポジトリに保存し、Windowsデータ重複排除を有効にすると、ジョブは失敗します。Veeam Backup & Replicationはこのようなシナリオはサポートしていません。

    関連トピック

    バックアップファイルの配置