Direct SANアクセス

このページで

    Direct SANアクセス転送モードは、FC、FCoE、iSCSIを介して、ESXiホストに接続される共有VMFS SAN LUN上にディスクがあるVM、および共有SASストレージ上にディスクがあるVMの場合に推奨されます。

    Direct SANアクセス転送モードでは、Veeam Backup & ReplicationはVMware VADPを利用して、SAN経由でFC、FCoEおよびiSCSIストレージとの間で直接VMデータを転送します。VMデータは、ESXiホストとLANをバイパスして、SAN経由で転送されます。Direct SANアクセス転送手法では、データ転送速度が最も速くなり、本番ネットワークに負荷が全く生じません。

    Direct SANアクセス転送モードは、バックアッププロキシが関係するすべての操作に使用できます。

    • バックアップ
    • レプリケーション
    • VMコピー
    • Quick Migration
    • VM全体のリストア
    • VMディスクのリストア
    • レプリカのフェイルバック

    Direct SANアクセスモードの要件

    Direct SANアクセス転送モードを使用するには、次の要件を満たしている必要があります。

    • Direct SANアクセスモードで動作するバックアッププロキシのロールを、物理マシンに割り当てることを強く推奨します。このロールをVMに割り当てた場合は、バックアッププロキシのパフォーマンスが最適にならない可能性があります。
    • Direct SANアクセス転送モードを使用するバックアッププロキシが、ハードウェアHBAまたはソフトウェアHBAを使用して、本番ストレージに直接アクセスできる必要があります。ジョブまたはタスクの開始時に、直接SAN接続が構成されていない場合や利用できない場合は、ジョブまたはタスクが失敗します。
    • VMwareデータストアとして表示されるSANストレージボリュームが、Direct SANアクセス転送モードで動作するバックアッププロキシのOSに表示される必要があります。

    ボリュームがディスク管理に表示されるが、OSによって初期化されない必要があります。それ以外の場合、VMFSファイルシステムがNTFSによって上書きされて、ESXiホストでボリュームを認識できなくなります。ボリュームの初期化を防ぐため、Veeam Backup & Replicationによって、各プロキシ内のSANポリシーがオフライン共有に自動的に設定されます。

    • [リストア操作の場合] バックアッププロキシが、VMディスクのあるLUNに書き込みアクセスできる必要があります。

    Direct SANアクセスモードの制限事項

    • Direct SANアクセス転送モードは、シックVMディスクのみをリストアする場合に使用できます。
    • 次の場合、Direct SANアクセスモードを使用できません。
    • vSANに保存されているVMの場合。これらのVMを処理するために、仮想アプライアンス転送モードおよびネットワーク転送モードを使用できます。vSANの制限事項の詳細については、『VDDK リリースノート』を参照してください。たとえば、 VDDK7.0.3のリリースノート
    • 少なくとも1つのVMディスクがVVol上にある場合。
    • Veeam Cloud Connect Replicationの場合。これは、このシナリオでは、Veeam Backup & Replicationが常にシンディスクを使用してVMレプリカを作成するからです。
    • VMwareの制限に起因する増分リストアの場合。リストアプロセス中は、VM仮想ディスクのCBTを無効にするか、増分リストアを行うために別の転送モードを選択します。
    • VMテンプレートをバックアップする場合。
    • Veeam Backup & Replicationでは、レプリケーションジョブの最初のセッションでのみ、Direct SANアクセス転送モードを使用して、VMデータの読み取りと書き込みが実行されます。以降のレプリケーションジョブセッションでは、Veeam Backup & Replicationでは、ターゲット側で、仮想アプライアンス転送モードまたはネットワーク転送モードが使用されます。ソース側のプロキシでは引き続き、Direct SANアクセス転送モードで、ソースデータストアからVMデータが読み取られます。

    Veeam Backup & Replicationでは、VMレプリカのディスクがシックプロビジョニングされている場合のみ、Direct SANアクセス転送モードで、VMデータがターゲットデータストアに書き込まれます。ディスクがシンプロビジョニングされている場合、Veeam Backup & Replicationでは、ネットワークモードまたは仮想アプライアンスモードでVMデータが書き込まれます。デフォルトでは、Veeam Backup & Replicationでは、VMディスクはシンフォーマットでレプリケートされます。VMデータをDirect SANアクセス転送モードでターゲットデータストアに書き込むには、レプリケーションジョブウィザードの[Destination]ステップで、VMディスクをシックフォーマットに変換することを選択します。

    • IDEディスクおよびSATAディスクをDirect SANアクセス転送モードで処理できます。

    関連トピック