優先ネットワークの指定

このページで

    データ保護および災害復旧のタスクを実行するときに、Veeam Backup & Replicationがデータを転送する必要があるネットワークを選択できます。このオプションは、本番ではないネットワークがあって、本番ネットワークではなくそのネットワーク経由でデータトラフィックをルーティングする場合に役立つことがあります。

    優先ネットワークルールは、次のバックアップインフラストラクチャコンポーネントが互いに通信するときにのみ適用されます。

    • バックアップサーバー
    • WANアクセラレータ1
    • ゲートウェイサーバー2
    • バックアッププロキシ
    • バックアップリポジトリ
    • ログ転送サーバー
    • テープサーバー
    • ストレージシステム(ストレージスナップショットからのバックアップシナリオ)3
    • Veeam Agent

    1 ソースWANアクセラレータとターゲットWANアクセラレータ間のトラフィックにのみ、ルールが適用されます。
    2 ゲートウェイサーバーとバックアップリポジトリ間のトラフィックには、ルールは適用されません。ゲートウェイサーバーの通信相手となるバックアップリポジトリの一覧については、「ゲートウェイサーバー」を参照してください。
    3 Cisco HyperFlexシステムからのバックアップの場合、または転送モードがダイレクトストレージアクセスの場合には、ルールは適用されません。

    データ転送のネットワークを定義するには、優先ネットワークのリストを作成する必要があります。Veeam Backup & Replicationがデータを転送する必要がある場合、このリストのネットワークを使用します。なんらかの理由で優先ネットワーク経由で接続を確立できない場合、Veeam Backup & Replicationは、本番ネットワークに自動的にフェイルオーバーします。

    ネットワーク優先度リストを設定するには、次の手順を実行します。

    1. メインメニューで、[Network Traffic Rules]を選択します。
    2. [Global Network Traffic Rules]ウィンドウで、[Networks]をクリックします。
    3. [Preferred Networks]ウィンドウで、[Prefer the following networks for backup and replication traffic]チェックボックスを選択します。
    4. [Add]をクリックします。
    5. CIDR記法またはネットワークマスクを使用して、ネットワークアドレスを指定し、[Add]をクリックします。
    6. 追加するすべてのネットワークに対して、ステップ4~5を繰り返します。

    優先ネットワークの指定