保持ポリシー

このページで

    保持ポリシーは、パフォーマンスエクステントに保持するリストアポイントの数を定義します。このポリシーは、バックアップジョブ構成ウィザードの バックアップストレージ設定の指定 ステップで構成します。

    保持ポリシーを管理して、パフォーマンスエクステントとキャパシティ層の両方から古いリストアポイントを削除することができます。

    保持ポリシーに該当するリストアポイントは、次のように、パフォーマンスエクステントとキャパシティエクステントの両方から削除されます。

    • 最も古いリストアポイントが、関連するエクステントのバックアップチェーンから削除されます。
    • 削除中のリストアポイントに対応するデータブロックは、次のオフロードまたはコピーセッションの際に、キャパシティエクステントからパージされます。

    メンテナンスモードではパフォーマンス層内とキャパシティ層内のバックアップチェーンの状態を同期できないため、キャパシティエクステントがメンテナンスモードでないことを確認してください。

    オフロードセッションの移動とコピーの詳細については、「キャパシティ層への非アクティブなバックアップチェーンの移動」と「キャパシティ層へのバックアップのコピー」をそれぞれ参照してください。

    • イミュータビリティ期間が過ぎると、変更不可のデータブロックは削除されます。

    保持ポリシーは、コピーまたは移動された変更不可のデータブロックを検出すると、このようなブロックをエクステント上の関連するバックアップファイルのみから削除して、インデックスをアップデートし、Veeam Backup & Replicationに、これらのブロックは既に存在しないので変更可能になったらキャパシティ層から削除する必要があることを知らせます。

    イミュータビリティの詳細については、「イミュータビリティ」を参照してください。

    • 一貫性を保つため、関連付けられたインデックスが更新されます。

    詳細については、「インデックス」を参照してください。

    関連トピック