ステップ7:フォルダの選択

このページで

    [VM Folder]ステップは、[Destination]ステップで[Failback to the specified location]オプションを選択した場合に利用できます。

    ウィザードの[VM Folder]ステップで、リカバーされるVMのすべてのファイルの保存先となる、ターゲットデータストア内のフォルダを指定します。

    リカバーされるVMのタグをソースVMと同じにする必要がある場合は、[Restore VM Tags]チェックボックスを選択します。

    次の点にご注意ください。

    • VMのリカバー先がスタンドアロンのホスト以外である場合のみ、リカバー先フォルダを選択できます。
    • VMをそれらの元の場所にリカバーする場合のみVMタグをリカバーできます。また、元のVMタグはソースvCenter Server上に残ります。

    ステップ7:フォルダの選択