基本的な単一ホストの仮想ラボ

このページで

    基本的な単一ホストの仮想ラボの設定は、災害復旧(DR)サイトが次のように設定されている場合に使用できます。

    • 検証するすべてのVMレプリカが、同じESXiホストに登録されている。
    • 検証するすべてのVMレプリカが、同じネットワークに接続されている。

    基本的な単一ホストの仮想ラボ重要!

    この種類の設定では、仮想ラボは、VMレプリカが配置されているのと同じESXiホストに作成する必要があります。仮想ラボを別のESXiホストに作成すると、SureBackupジョブが失敗します。

    基本的な単一ホストの仮想ラボの場合、Veeam Backup & Replicationは本番ネットワークにマップされる仮想ネットワークを1つ作成します。また、Veeam Backup & Replicationは、仮想ラボが作成されたESXiホストに次の新しいVMwareオブジェクトを自動的に追加します。

    • リソースプール
    • VMフォルダ
    • 標準のvSwitch

    vSwitchは、仮想ラボで起動するVMによってのみ使用されます。仮想ラボ外から別のネットワークへのルーティングはありません。

    Veeam Backup & Replicationによって、基本的な単一ホストの仮想ラボのすべての設定が自動的に構成されます。また、プロキシアプライアンスが作成および自動的に設定されて、ESXiホスト上の仮想ラボフォルダとリソースプールに配置されます。

    基本的な単一ホストの仮想ラボ