VM全体の高速リストア

このページで

    Dell EMC Data Domain上でのVM全体の復元を高速化するために、Veeam Backup & Replicationは、バックアップからの順次データ読み取りとVMディスクの並列復元のメカニズムを使用します。

    Dell EMC Data Domainストレージシステムは、シーケンシャルI/O操作向けに最適化されています。ただし、バックアップファイル内のVMディスクのデータブロックはシーケンシャルに格納されず、ランダムな順序で格納されます。VMディスクのデータブロックがランダムに読み取られる場合は、Dell EMC Data Domain上のバックアップからのリストアのパフォーマンスが低下します。

    復元プロセスを高速化するために、Veeam Backup & Replicationは、バックアップファイルにデータ・ブロックのマップを作成します。作成されたマップを使用して、ディスク上にあるVMディスクのデータブロックをバックアップファイルから順次読み取ります。Veeam Backup & ReplicationはターゲットVeeamデータムーバーから入ってきた順序でターゲットにデータブロックを書き込み、複数のVMディスクを並列にリストアします。

    この高速リストアメカニズムはデフォルトで有効になり、VM全体のリストアシナリオに使用されます。

    VM全体の復元プロセスをさらに高速化するため、Veeam Backup & Replicationは、Dell EMC Data DomainからVMデータを複数のスレッドで読み取ります。

    高速リストアのしくみ

    Dell EMC Data Domain上のバックアップからのVM全体のリストアは、次の方法で実行されます。

    1. Veeam Backup & Replicationが、バックアップチェーン内のすべてのバックアップファイルを開いて、これらのバックアップファイルからメタデータを読み取り、このメタデータを復元タスクに割り当てられているバックアッププロキシにキャッシュします。
    2. Veeam Backup & Replicationが、キャッシュされたメタデータを使用して、データブロックのマップを作成します。このマップには、VMディスク別にソートされた、VMデータブロックへの参照が含まれます。
    3. 各VMディスクが個別のタスクで処理されます。タスクごとに、Veeam Backup & Replicationは、バックアッププロキシ上で個別のVeeam Data Moverを開始します。

    VeeamデータムーバーがバックアップリポジトリからVMディスクのデータブロックをディスクに配置されている通りに順次読み取って、読み取ったデータブロックをバックアッププロキシ上のバッファに配置します。

    1. データブロックがターゲット側のVeeamデータムーバーから入ってきた順序でターゲットに書き込まれます。

    VM全体の高速リストア 

    高速リストアのバックアッププロキシ

    Veeam Backup & Replicationは、VMのすべてのディスクを1つのバックアッププロキシで復元します。復元タスクにバックアッププロキシを自動的に選択するようにVeeam Backup & Replicationに指示した場合、バックアップインフラストラクチャ内で負荷が最も少ないバックアッププロキシが選択されます。バックアッププロキシを明示的に割り当てた場合、Veeam Backup & Replicationによって、選択したバックアッププロキシが使用されます。

    VMディスクごとに、Veeam Backup & Replicationは、バックアッププロキシ上で個別のVeeam Data Moverを開始します。たとえば、10のディスクが含まれたVMを復元する場合、Veeam Backup & Replicationは、バックアッププロキシ上で10のVeeam Data Moverを開始します。

    VM全体のリストアタスクに割り当てられたバックアッププロキシに、VMディスクを並列にリストアできるだけの十分なRAMリソースがある必要があります。VMディスクごとに、200 MBのRAMが必要です。必要なRAMリソースの合計量は、次の式で計算できます。

    RAMの合計量 = VMディスク数 * 200 MB

    復元プロセスを開始する前に、Veeam Backup & Replicationは、バックアッププロキシ上のRAMリソース量をチェックします。バックアッププロキシに十分なRAMリソースがない場合、Veeam Backup & Replicationはジョブセッションの詳細に警告を表示し、通常のVMディスク処理モードに自動的にフェイルオーバーします(VMディスクのデータはランダムに読み取られて、VMディスクは順次復元されます)。

    高速リストアの制限事項

    VM全体の高速リストアには、次の制限事項があります。

    • 高速リストアは、DD Boostが適用されたDell EMC Data Domainシステムで動作します。
    • 動的に展開するディスクが含まれたVMをリストアする場合、リストアプロセスの速度が低下する可能性があります。
    • ネットワーク転送モードを使用してVMをリストアする場合、並列にリストアされるVMディスクの数は、ESXiホストへの許可された接続の数を超えることができません。
    • Dell EMC Data Domainがスケールアウトバックアップリポジトリにエクステントとして追加されている場合、バックアップファイル配置ポリシーを局所性に設定する必要があります。バックアップファイル配置ポリシーがパフォーマンスに設定されている場合、VMディスクの並列のリストアが無効になります。

    関連トピック