ステップ4:インスタンス名の指定

このページで

    ウィザードの[名前]ステップで、名前を指定し、復元されたワークロードのAWSタグを管理できます。デフォルトでは、 Veeam Backup & Replicationは元のワークロード名を使用し、元の名前復元開始時刻タグを追加します。

    新しい名前の指定

    復元されるワークロードの新しい名前を定義するには、次のようにします。

    1. Machines to restoreリストで、ワークロードを選択し、[VM name]をクリックします
    2. [Change Name]ウィンドウで、新しい名前を明示的に入力するか、元のマシン名に接頭辞または接尾辞を付けることで名前の変更ルールを指定します。

    ステップ4.名前とタグを指定する  

    AWSタグの管理

    AWSタグを使用して、Amazon EC2内のインスタンスを分類できます。タグはメタデータ付きのラベルで、2つのプロパティ(キーと値)が含まれます。AWSタグの詳細については、AWSのドキュメントを参照してください。

    ただし、これらのタグを変更または削除したり、新しいタグを追加したりすることができます。

    Amazon EC2インスタンスのバックアップからマシンをリストアすると、Veeam Backup & Replicationにはこのインスタンスに割り当てられたタグが表示されます。これらのタグも変更または削除できます。

    タグの追加

    新しいタグを追加するには、次の手順を実行します。

    1. Machines to restoreリストで、ワークロードを選択し、[VM name]をクリックます
    2. [Tags]ウィンドウで[Add]をクリックします。
    3. [EC2 VM Tag]ウィンドウで、[Key]および[Value]プロパティを指定します。

    [Name]キーを含むタグを追加することはできません。Veeam Backup & Replicationは[Name]タグを使用して、Amazon EC2でターゲットインスタンスの名前を設定します。

    タグの変更

    タグを変更するには、次の手順を実行します。

    1. Machines to restoreリストで、ワークロードを選択し、[VM name]をクリックます
    2. [Tags]ウィンドウで必要なタグを選択し、[Edit]をクリックします
    3. [EC2 VM Tag]ウィンドウで、[Key]または[Value]プロパティを編集します。

    タグを削除する

    タグを削除するには、次の手順を実行します。

    1. Machines to restoreリストで、ワークロードを選択し、[VM name]をクリックます
    2. [Tags]ウィンドウで必要なタグを選択し、[Remove]をクリックします

    ステップ4.名前とタグを指定する