パスワードを使用しないデータの復号化

このページで

    パスワードを紛失した場合や忘れた場合に、Veeam Backup Enterprise Managerを使用し、暗号化されたファイルのロックを解除できます。

    バックアップインフラストラクチャが以下の要件を満たしている場合のみ、パスワードを使用せずにデータをリストアできます。

    1. Veeam Universal Licenseを使用している(従来のソケットベースのライセンスの場合は、Enterprise以上のエディション)。
    2. 暗号化されたデータが保存されているバックアップ・サーバーがVeeam Backup Enterprise Managerに接続されている。
    3. データ復号化リクエストを生成するバックアップ・サーバーがVeeam Backup Enterprise Managerに接続されている。

    パスワードを使用しないデータの復号化重要!

    データ復号化に使用するバックアップ・サーバーが、Veeam Backup Enterprise Managerの同じインスタンスに接続されている必要があります。バックアップ・サーバーをVeeam Backup Enterprise Managerの複数のインスタンスに接続している場合は、予期しない動作が発生して復号化プロセスが失敗する可能性があります。

    リストアプロセスは、2台のサーバーで実行される2つのウィザードを使用して行われます。

    1. バックアップサーバーのEncryption Key Restoreウィザード。
    2. Veeam Backup Enterprise ManagerサーバーのPassword Recoveryウィザード。

    暗号化されたデータをパスワードを使用せずにリストアするには、次の手順を実行します。

    1. データリストア要求の作成
    2. Veeam Backup Enterprise Managerでの処理要求
    3. キーリストアプロセスの完了