ステップ10:インスタントVMリカバリ設定の検証

このページで

    ウィザードの[Summary]ステップで、インスタントリカバリの追加設定を指定します。

    1. 障害が発生した本番ワークロードを復元し、それを初期ネットワーク設定で復元する場合、[Connect VMs to network]チェックボックスを選択します。

    元のワークロードがまだ稼働中に災害復旧テストでワークロードを復元する場合、このチェックボックスは選択解除したままにします。復元したVMの電源を入れる前に、競合を避けるために、そのVMを本番ネットワークから切断し、本番環境以外のネットワークに接続する必要があります。

    1. 復元後すぐにVMを起動する場合は、[Power on target VMs after restoring]チェックボックスを選択します。ワークロードを本番ネットワークに復元する場合、元のワークロードの電源を必ずオフにしてください。
    2. インスタントリカバリ用に指定した設定を確認し、[Finish]をクリックします。
    1. 公開プロセスが開始されていることを確認して、[Close]をクリックします。

    ステップ10:インスタントリカバリ設定の検証 

    次に行うこと

    VMware vSphereへのインスタントリカバリの完了