バックアップチェーン検出

このページで

    Veeam Backup & Replicationでは、非アクティブなバックアップチェーンに属するリストアポイントのみがキャパシティエクステントに転送されます。バックアップチェーンが非アクティブであることを確認するために、Veeam Backup & Replicationによってその状態が確認されます。これは、コピーポリシーには当てはまりません。新しく作成されたすべてのリストアポイントがすぐにコピーされます。

    バックアップジョブが初めて実行されると、Veeam Backup & Replicationによって最初のフルバックアップファイルが作成されます。それには、バックアップされているVMについてのすべての情報が含まれています。後続の各バックアップジョブセッションで、新しい増分バックアップファイルが作成されます。それらには、直近のバックアップセッション以降に発生した変更点のみが含まれています。

    増分バックアップ方法の場合、アクティブなバックアップチェーンとは、新しいフルバックアップファイルでまだシールされていないバックアップチェーンです。

    バックアップチェーン検出 

    アクティブなバックアップチェーンを非アクティブにするには、このチェーンのために、新しいアクティブフル(または合成フル)バックアップファイルを作成する必要があります。これは、「アクティブフルバックアップの実行」の説明に従って手動で行うこともできます。または、スケジュールを構成し、これに従って、新しいアクティブフルバックアップまたは合成フルバックアップを自動的に作成することもできます(詳細については、「アクティブフルバックアップ」および「合成フルバックアップ」を参照)。

    新しいフルバックアップファイルが作成され、オフロードセッションが実行されると、Veeam Backup & Replicationによって、直近のアクティブフルバックアップより前に作成されたリストアポイント(フルおよび増分)がすべて収集され、それらが非アクティブなチェーンに属していることが確認され、キャパシティエクステントへの移動のために準備されます。このプロセスを検出と呼びます。詳細については、「キャパシティ層へのバックアップの移行」を参照してください。

    同じことが、バックアップコピーのジョブによって作成されたバックアップチェーンにも当てはまります。Veeam Backup & Replicationでは、非アクティブなバックアップコピーチェーンに属するリストアポイントのみがキャパシティエクステントに転送されます。バックアップコピーGFSを有効にすると、Veeam Backup & Replicationは増分保持ポリシーを実装することに注意してください。バックアップコピーGFSを無効にすると、Veeam Backup & Replicationは永久増分保持ポリシーを実装します。

    Veeam Backup & Replicationでは、破損したリストアポイントとそれに依存するファイルはキャパシティ層に転送されないことに注意してください。破損したリストアポイントの詳細については、「バックアップファイルの正常性確認」を参照してください。

    同じことが、逆増分方法で作成されたバックアップチェーンにも当てはまります。この場合は、3つ目のリストアポイント以降のすべての.VRBファイルが自動的に非アクティブと見なされます。したがって、最新の.VBKファイルと最初の2つの.VRBファイルを含むすべてのリストアポイントをオフロードする必要がある場合を除き、アクティブフル(または合成フル)バックアップを手動で作成する必要はありません。

    次の例を考えてみましょう。

    • 4つのVRBファイルが非アクティブでありオフロード可能:

    バックアップチェーン検出 

    • 6つのVRBファイルと1つのVBKファイルが非アクティブなチェーンに属しておりオフロード可能:

    バックアップチェーン検出 

    フルバックアップファイルと最初の2つの増分バックアップファイル(つまり、最新の.VBKファイルの直後の2つの.VRBファイル)は、別のフルバックアップファイルが正常に作成されるまでオフロードされないということに留意してください。

    バックアップチェーンの構造は異なる場合があります。それは、バックアップがマシン単位の方法を使用して作成されたか(詳細については、「マシンごとのバックアップファイル」を参照)、すべてのVMが単一ファイルに配置されている単一ストレージとして作成されたかで異なります。バックアップチェーン構造のタイプはオフロードプロセスに影響しません。

    Veeam Backup & Replicationによるバックアップチェーンの作成と管理の詳細については、「バックアップチェーン」を参照してください。