非永続的実行時コンポーネントと永続的エージェントコンポーネント

このページで

    ゲスト処理タスクを実行するには、Veeam Backup & ReplicationはVMを保護するときに特別なコンポーネントを使用する必要があります。そのコンポーネントとは、非永続的実行時コンポーネントと永続的エージェントコンポーネントのいずれかです。

    非永続的実行時コンポーネント

    実行時コンポーネントは永続的ではありません。ジョブの開始時に、ジョブに追加されたすべてのVMに導入されます。ジョブが終了すると、コンポーネントは削除されます。実行時コンポーネントを使用すると、エージェント関連の面倒(事前インストール、トラブルシューティング、更新など)を回避できます。この方法は、デフォルトでゲスト処理に使用されます。これを有効にするには、アプリケーション認識処理設定を指定するときに、[Use persistent guest agent]チェックボックスから選択をクリアしてください。たとえばVMバックアップジョブの「アプリケーション認識処理 」でご説明している通りです。

    [Use persistent guest agent]オプションを選択しない場合、Veeam Backup & Replicationは次のアルゴリズムに従い、ゲスト処理を有効にしてバックアップジョブの処理を実行します。

    非永続的実行時コンポーネントと永続的エージェントコンポーネント 

    [Use persistent guest agent]オプションが無効になっているものの、永続的エージェントコンポーネントが以前にVMにインストールされている場合、Veeam Backup & Replicationはそれらをゲスト処理に使用できます。非永続的実行時コンポーネントを使用するには、保護されているVMから永続的エージェントコンポーネントをアンインストールします。

    永続的エージェントコンポーネント

    極めて安全な方法でゲスト処理を実行したい場合は、保護されているVMに永続的エージェントコンポーネント(ゲストヘルパーおよびログ転送サービス)をインストールできます。保護されているVMにインストールされた永続的エージェントコンポーネントは、Veeam Backup & Replicationとの通信に、非常に限定され、明確に定義されたポートを必要とします。これにより、VM管理共有(ADMIN$)へのアクセスを閉じて、 VIX API/vSphere Webサービス。永続的エージェントコンポーネント経由でゲスト処理を実施するために必要なポートの詳細については、「使用ポート」を参照してください。

    重要

    永続的ゲストエージェントオプションを使用するには、ゲスト処理をスケジューリングするVMにインストーラサービスがインストールされている必要があることに注意してください。

    インストーラサービスは、次のいずれかの方法でインストールできます。

    • C:\Program Files\Veeam\Backup and Replication\Backup\PackagesにあるMSIファイルを実行することによる手動インストール。後で使用できるように、同じフォルダにある必要なコンポーネントを手動でプレインストールすることもできます。または、永続的エージェントによるこのVMのゲスト処理を有効にして、バックアップジョブの初回実行時に、インストーラサービスにコンポーネントを自動的にインストールさせることもできます。
    • スクリプトを使用したリモートインストール。
    • ドメイングループポリシーを使用したリモートインストール。
    • VMをVeeam Backup & Replicationインフラストラクチャに追加するときに自動インストール。

    ゲスト処理をスケジューリングするVMにインストーラサービスがインストールされている場合は、ゲスト処理に永続的ゲストエージェントを使用できます。この方法を有効にするには、アプリケーション認識処理設定を指定するときに、[Use persistent guest agent]チェックボックスを選択します。たとえばVMバックアップジョブの「アプリケーション認識処理 」でご説明している通りです。この場合、永続的ゲストエージェントがVMになければ、バックアップジョブの初回実行時にインストーラサービスによってインストールされます。

    [Use persistent guest agent]オプションを選択した場合、Veeam Backup & Replicationは次のアルゴリズムに従い、ゲスト処理を有効にしてバックアップジョブの処理を実行します。

    非永続的実行時コンポーネントと永続的エージェントコンポーネント 

    非永続的実行時コンポーネントまたは永続的エージェントコンポーネントの導入

    Veeam Backup & Replicationは、次の2つの方法で非永続的実行時コンポーネントまたは永続的エージェントコンポーネントをVMに導入できます。

    • Microsoft Windowsを実行しているVMの場合、非永続的実行時コンポーネントまたは永続的エージェントコンポーネントは、ゲストインタラクションプロキシを使用してインストールされます。詳細については、「ゲストインタラクションプロキシ」を参照してください。
    • LinuxなどのMicrosoft Windows以外のOSを実行しているVMの場合、非永続的実行時コンポーネントはバックアップサーバーから導入されます。

    非永続的実行時コンポーネントと永続的エージェントコンポーネント 注:

    ゲストインタラクションプロキシがないか、ゲストインタラクションプロキシがなんらかの理由で失敗する場合、Veeam Backup & Replicationは、バックアップサーバーからMicrosoft Windows VM上に非永続的実行時コンポーネントまたは永続的エージェントコンポーネントを導入します。

    ゲスト処理タスクを有効化してジョブを開始すると、Veeam Backup & Replicationは、次の操作を実行します。

    1. Veeam Backup & Replicationが、ゲストインタラクションプロキシのロールを実行するマシンを定義します。
    2. Veeam Backup & Replicationはゲスト処理に使用する方法を検出し、非永続的実行時コンポーネントまたは永続的エージェントコンポーネントを導入します。

    Veeam Backup & Replication非永続的実行時コンポーネントまたは永続的エージェントコンポーネントをVMにインストールします。

    • [Microsoft Windows VMの場合] ゲストインタラクションプロキシがVMに接続し、非永続的実行時コンポーネントまたは永続的エージェントコンポーネントをVMにインストールします。
    • [その他のOSを実行するVMの場合] バックアップサーバーがVMに接続し、非永続的実行時コンポーネントをVMにインストールします。
    1. ジョブセッションが通常通りに進行します。
    2. [非永続的実行時コンポーネントの場合] ジョブセッションが完了すると、Veeam Backup & ReplicationはVM上の非永続的実行時コンポーネントを削除します。

    非永続的実行時コンポーネントと永続的エージェントコンポーネント 

    ネットワーク接続がジョブ・セッション中に途切れた場合、Veeam Backup & Replicationは、接続の再確立を試行します。

    • バックアップ・サーバー/ゲスト・インタラクション・プロキシとVMゲストOS間のネットワーク接続が途切れた場合、Veeam Backup & Replicationは、再接続を1回試行します
    • バックアップ・サーバーとゲスト・インタラクション・プロキシ間のネットワーク接続が途切れた場合、Veeam Backup & Replicationは、10回再接続を試行します

    試行が不成功の場合、ゲスト処理タスクは失敗します。ジョブは、ジョブ設定で定義されたシナリオに基づいて進行します。たとえば、アプリケーション処理を試みるが失敗は無視するようにバックアップ・ジョブに指示した場合、Veeam Backup & Replicationは、ゲスト処理タスクを実行せず、VMバックアップに基づいて進行します。

    関連トピック