VMレプリカのSureBackupジョブ

このページで

    SureBackupジョブを使用して、VMレプリカを検証できます。SureBackupジョブは、復元検証タスクのすべての設定とポリシー(アプリケーショングループと使用する仮想ラボ、仮想ラボで検証する必要があるVMレプリカなど)を集計します。SureBackupジョブは手動で実行することも、設定したスケジュールで自動的に実行されるようにすることもできます。

    SureBackupジョブの実行時、Veeam Backup & Replicationはまず、VMレプリカを検証するための環境を作成します。

    1. Veeam Backup & Replicationが仮想ラボを起動します。
    2. 仮想ラボで、アプリケーショングループのVMが定められた順番に起動します。アプリケーショングループのVMは、検証対象のVMレプリカが起動してテストされるまで、動作し続けます。正常なVMレプリカまたはアプリケーション・グループのVMのバックアップがVeeam Backup & Replicationで検出されない場合、SureBackupジョブは失敗します。

    仮想ラボが使用可能な状態になると、Veeam Backup & Replicationは適切なリストア・ポイントからVMレプリカを起動してテストします。指定された設定に応じて、VMレプリカを1つずつ検証したり、いくつかのストリームを作成して複数のVMレプリカを同時にテストしたりします。検証対象のVMレプリカの正常なリストア・ポイントがVeeam Backup & Replicationで検出されない場合、このVMレプリカの検証は失敗しますが、ジョブは引き続き実行されます。

    デフォルトでは、同時に最大3つのVMレプリカを起動してテストできます。同時に起動してテストするVM数は増やすこともできますが、これらのVMで多くのリソースが必要な場合は、SureBackupジョブのパフォーマンスが低下する可能性があることに注意してください。

    検証プロセスが完了すると、アプリケーショングループのVMの電源がオフになります。オプションとして、アプリケーショングループのVMを動作させて手動のテストを実行したり、ユーザー向けのアプリケーションアイテムレベルの復元を有効にしたりできます。

    場合によっては、SureBackupジョブのスケジュールがこれにリンクしたレプリケーションジョブのスケジュールに重なることがあります。レプリケーションジョブによってVMレプリカのファイルがロックされるため、SureBackupジョブでこのようなレプリカを検証できなくなります。このような場合、Veeam Backup & Replicationでは、レプリケーションジョブが終了するまでSureBackupジョブは開始されません。

    ジョブの重複の状況に対処するには、レプリケーションジョブとSureBackupジョブを連鎖したり、SureBackupジョブのタイムアウト時間を定義したりすることができます。詳細については、「ジョブスケジュールの指定」を参照してください。

    VMレプリカのSureBackupジョブ 注:

    復元検証ジョブに、VMバックアップとVMレプリカを混在させることができます。たとえば、アプリケーショングループにバックアップファイルから起動されるVMを含めたり、復元検証ジョブにリンクさせるジョブをレプリケーションジョブにしたりすることができます。Veeam Backup & Replicationは、どのようなタイプの混合シナリオでもサポートします。SureBackupジョブを使用して検証するVMは、VMwareまたはHyper-Vの、同じプラットフォームに属している必要があることに注意してください。

    関連トピック

    SureBackupジョブの処理